HOME > 翻訳 > お金持ちになる人の心の法則

タイトル お金持ちになる人の心の法則
著者 マーク・フィッシャー
訳者名 橋本美穂
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
訳者より
<この本のお勧めポイント>
世界で200万部を越えるベストセラー『成功の掟』の著者、マーク・フィッシャー氏による新刊です。
本書は、大金持ちでありながらも苦悩し続けたロックフェラー氏の話に始まり、ただお金をもうければいいというものではなく、誠実に生き、周囲の人たちとよい関係を築き、人生を楽しむことが最大の目的だと述べています。
また、「お金持ちになんかなれるはずがない」という根拠のないあきらめや、お金もうけを悪いことだと思っていることが、富を遠ざける原因になっていると指摘しています。
もっと豊かになりたいと思っているけれども、具体的にどう行動すればいいのかわからない、もっと人生を楽しみたい、という方におすすめです。

<どういう経緯で、この本を翻訳するようになったのですか?>
「翻訳コンテストで優勝し、大泣き(嬉し泣きではありません)」
昨年12月、とある翻訳コンテストに応募した結果、ビギナーズラックで優勝し、おぉ!と喜んだのもつかの間、「では、全編の翻訳を2ヵ月でお願いします」と膨大な原稿を送り付けられ、真っ青になりました。

<翻訳中の苦労話>
「翻訳というトンネルを抜けたら、そこは正月太りだった」
そうはいっても、折角のチャンス。ペース配分も上手にできないまま、無我夢中で翻訳しました。
今年2月、ようやく全12章が終わり、ふと我が身を振り返ってみれば、爪はキーボード連打でワレワレ、背中・肩・両腕はコリでパンパン、顔色は青っ白く、運動不足。おまけに体重までしっかりと増えていました・・・
普段は同時通訳を生業とし、一日中、声を出し、身体を動かし、ストレスを発散しているだけに、翻訳という「静かなる自分との戦い」的な仕事は本当に苦しいものでした。しかし、一冊の作品を訳し上げた喜びは何ものにも代えがたいと実感。またチャンスがあれば、1冊翻訳させていただきたいと思います。
Akkoも読みました・・・!
たくさん付箋を貼り付けながら読んでしまいました。ふと気づくと、妙な思い込みにとらわれて、自分自身で勝手に限界を設けてしまってはいませんか?そんな人に是非お勧めしたい本。読み終える頃には、全く新しい自分になっているはずです。お金だけでなく、人生そのものについてのアドバイスが詰まったこの一冊、一番心に響いたのは、「障害というものは、あなたがそれに脅かされることがなくなった瞬間、本当に見えなくなってしまうものだ。」という一文。ネガティブ思考からは、もうさよならです!
一覧へ

↑Page Top