HOME > LIFE > 通訳・翻訳者リレーブログ

通訳・翻訳者リレーブログ

Farewell B767 & Thank You

[2017.04.24]投稿者:みなみ
私が娘と初めてニュージーランドの地を踏んだのは、2001年5月のこと。すでに先に渡って、仕事を始めていた夫に会いに行った時のことでした。その時に乗った飛行機がB767。あと少しでオークランド、というところで機体がかなり揺れて、娘は吐いてしまいました。あー、大変だった。

それから何回か、里帰りのたびにお世話になったB767の最後の2機がこのたび、ニュージーランド航空を引退しました。

4月1日にシドニーからの最後の飛行を終えて、4 月2日に、オークランド空港で、「Farewell B767 & Thank You」イベントが開催され、ニュージーランド航空に勤める友人に誘ってもらって、家族3人で参加してきました。

20170423-1.jpg
始めに機長さんから、B767の1985年からこれまでの33年間の活躍ぶりの説明があった後、バスに乗り込んで、普段は見れない整備場まで連れていってもらいました(乗車時間はほんの数分)。

20170423-2.jpg
なんだか一つひとつが目新しく、大人の社会見学という感じ。

20170423_3.jpg
これがB767。ロゴの色合いが懐かしいなー。

20170423-4.jpg
機内を思い思いに見学。この写真はたまたま人が少ないですが、実際はあちこちで、わいわいと写真を撮影していました。

20170423-7.jpg
これは機内食を準備するコーナー。ほかにも、クルーの仮眠室などを見ることができましたが、入れ替わり、立ち代わり人が出入りするので、写真を撮ることができませんでした。なにしろ狭いです。

20170423-5.jpg
コックピット。機械音痴の私には、なにがなんだか。


20170423-6.jpg
降りた後も、エンジンの中で記念撮影をしたり、普段は見ることがないアングルから撮影を楽しみました。

飛行機に詳しいわけではありませんが、2001年に移住してから、何度もお世話になった飛行機だったので、設備になつかしさを感じ、家族で楽しんだイベントでした。私たちを招いてくれた友人は、本当にこの飛行機を懐かしそうに、しみじみと、そして少し寂しそうに見ていて、そのまなざしが心に残りました。

この機体は、たしか東欧のどこかの国で、第二の人生を始めるそうです。さよなら、B767! ありがとう!

鳥の巣頭先生、ありがとうございました

[2017.04.19]投稿者:ぺこたん

人生のある時期すごく親しかったのに、でも最近もう何年も会っていない...。そんな知り合い、誰にもひとりやふたりや三人、きっといると思います。
ずっと会っていないけれど、でも、
此の地球上の何処かで、普通に元気に暮らしている。
そう確信しているから、なぜかそう思えるから、
だから、安心してしまっている。
で、会いたくなったら、またいつでも会えば良いし、
そう、いつかきっと会えるだろうから...
...と思えるような...そんな関係。

そうして実際、何十年ぶりに再会したとしても、
それだけ長い間、言葉交わすことなかったとは思えないような、
そんな柔らかな雰囲気、懐かしい匂いに包まれる。
空白の歳月など、スポッと瞬く間に埋まる...というより、
そんな期間があったようには、まるで思えないような、
すぐさま温かな、優しい空気を共有できる。そんな相手...。

だから...そうだよ...
会おうと思えば、いつでも会える...
そう思っていたのに......

それなのに.........
どーゆーこと??

ああ、鳥の巣頭先生!!

こうしていま、これを書きながら、
過去のひとコマ達を、次々思い出しては、
とても切ない気持ちになっています。

2015年2月に書いたブログ、
http://www.hicareer.jp/life/teamblog/003/post-1385.html

この続きは...

「彼はこのあと、憧れのハワイへ移住し、幸せに暮らしているとさ!」
...となるはずでした。
パームツリーの下、日焼けした鳥の巣頭先生の近況も、
たまーには載せても良いかな、
もの凄く内輪な話だから、みんな退屈だろうけれど。
でもまあ一応、英語の先生だから、このブログでも、
無理やりコジツケレバ、何となくイケるだろうし。
...なーんて、テキトーに考えていたのに......。


なのに。
それなのに。

先日、突然。
ブログにも御登場の同時通訳クラス恩師から、夜中にメールを頂き、そうして、知ったのです......

あなたが...鳥の巣頭先生が、先日、この世を去ったことを...。
それも...体調を崩し、急きょ日本へ戻り、「ぼくの住む場所は此処だ。此処にいると落ち着く」などと言いながら。

もう...
何が何だか......

すいません。意味まるで分かりません。
現状を、上手く呑み込めません......

だって...
ハワイで日焼けしながら、
ウィスキー瓶片手に、
ピンピン生きてたんじゃないの?
ハワイったって、同じ此の地球上よ、
太平洋ってヤツが、ちょっと邪魔してるだけ。
だから...会おうと思えば、いつでも会える、
そう勝手に思っていた...のに......

このブログで書いた再会劇から、僅か2年。
そう、"たった"2年...ですよ!
また会おうと約束交わし、別れたばかりなのに...。

なのに。こんな日が来るとは。
あーもうーありえない。

だから、いまのこの思いを、どう表現すれば良いのか...
的確な言葉など、見つからないし、
書き出したところで、ウソ臭く聞こえるだろうし、
そういうの趣味ではないので、
本日は、さっさとペンを置くけれど。

でも、
うーん、
何だかさ――

この最後の授業に出席する、幸運に恵まれ、
友人達と一緒に、20数年ぶり(!)に再会を果たし、
学生時代のあの頃の、そうしてこれまでの、
感謝の気持ち、たくさん伝えられたのが...

いまにして思うと......

このタイミング。人生の巡り合わせ。
不思議で、とても不思議でなりません。

ああ......鳥の巣頭先生!!
此の世に、もういなくても(←←本当に...もういないのか??)
先生に育てられた小鳥たち、それぞれのこころの中に、
先生はずっと、永遠に、生き続けますからー。

そうして、例えば...
大自然の中に足踏み入れた時、
美しい風景を目にした時、
野生動物に遭遇した時、
そんなこんなの感動の瞬間、
ちょっくらお喋りしたいと思うだろうから、
だから...そうしたら...
きょろきょろ...きょろきょろ...
空の雲間とか、地面の草間(ン?)とか、
あちゃらこちゃら、先生を探すので。
その時には、ひょっこり現われちゃってくださいな~。
ベロンベロンに酔っ払ってても良いから、
何なら久々、一杯くらい付き合っても良いぞヨ!(*´▽`*)

鳥の巣頭先生。
RIP。どうか安らかに。
本当に、本当に、ありがとうございました。

馬走先生へ
元メタルっ子より



Amazon実店舗シカゴ1号店をのぞいてきました

[2017.04.10]投稿者:すーじー

4月になりましたね! こちらシカゴでも、花がちらほら咲きはじめ、自転車に乗りたくなるような気候になってきました。そういえば、早いものでイースターも今週末です。

お店も季節に合わせて(?)、このところ「開店ラッシュ」という感じ。3月末にはAmazon実店舗のシカゴ1号店がオープンしたので、のぞいてきました。

AmazonBooks_Outside.JPG

Amazon Booksと呼ばれるこのお店、2015年からスタートしているようで、シカゴ店はシアトル、ポートランド、サンディエゴ、ニューヨークシティに次ぐ4番目。

ブラウンライン「Southport」駅から徒歩1分の場所にあり、周囲は「気取らない感じのおしゃれ」な店が並ぶ、散歩が楽しいエリアにあります(ちなみに、2月にご紹介したアイスクリーム屋さんJeni'sもすぐ近くです)



店内入ってすぐ右手には、小さなカフェコーナー。ポートランド発のStumptown Coffee Roastersのコーヒーが楽しめます。

AmazonBooks_Cafe.JPG

カフェコーナーの奥にKindleがずらりと並んだコーナーがある以外は、一見、中規模の普通の本屋さんと同じかな~という印象。




ただし、本はほとんどが「平置き(面陳列)」状態で棚にディスプレイ。限られた数の厳選した本だけを置く、本のセレクトショップという感じです。

AmazoBooks_Shelves.JPG

(店員さんの話によれば、新刊書や雑誌などを除き、基本的に評価が4つ以上のものだけを置くようにしていて、品ぞろえは本社シアトルのキュレーションチームが決めているとのこと)

場所柄か、子供向けの本とグルメ/お料理本のコーナーがとくに充実している気が。




AmazonBooks_ObentoBook.JPG


→伊藤まさこさんの
おべんとうの本も置かれてました!






あと、よく見ると...

本の説明タグには、Amazonのレビューと星の数が。もっと詳しい情報が知りたい人は、下部のバーコードをアプリでスキャンすることで、オンラインのレビューやその他の価格情報が簡単にチェックできるようにもなっています。

価格情報は、店のあちこちに置かれた専用スキャナーで本のバーコードをスキャンして見ることもできます。

AmazonBooks_Scanner.JPG

→価格チェック用のスキャナー。プライム会員かどうかで本を購入できる価格は異なります。

(プライム会員は、アマゾンのウェブサイトでの販売価格と同じ。それ以外の人は、本の後ろに掲載されている「定価」です......)




残念ながら、プライム会員以外には「お得感」はありませんが、ふらっと立ち寄ってプレゼント用の本を探すときや、「何かインスピレーションが欲しいな~」と漠然と思うときには、基本的に「全部ハズレなし」なので便利かも。

興味のある方は一度、散歩がてら足を運んでみてください。


Amazon Books

3441 N Southport Ave, Chicago, IL 60657

Tel: (773) 472-9400


追伸:ついでに前出のJeni'sでアイスクリームを食べたり、歩いて5分ちょいの場所にあるMusic Box Theatreで映画(独立系・海外ものなどを中心に、粒ぞろいの作品が楽しめます)を観たりするのもおすすめです(......というか、こっちのが私にとってはメイン??)。


IN SEARCH OF CHIC

[2017.03.27]投稿者:みなみ
NZに住み始めてはや16年。ファッションについては、なんだかすっかり、「みんな違って、だれも気にしない」、という状況になじんでしまいました。しかも、スーツを着て外出とか、ちょっとおしゃれに会食、などというシチュエーションもほとんど皆無。

しかし、お仕事でファッション関係のリリースを訳す機会を頂くこともあり、これではいけない、と最近、日本のいろいろな人のブログでおしゃれのお勉強中です。

もともと、日本で会社員をしていたころは、ファッション誌を読むのも好きでした。あのころ、今はなき「ヴァンテーヌ」が愛読誌だった私になじみがある単語は、「端正」「マダム」「クラシック」。

その当時には使われていなくて、最近よく見かける言葉としては、「抜け感」とか、「こなれ感」がありますね。文字を打ち込んでいて、ちょっと気恥ずかしい感じがしますが、ファッション関係を訳す時に、こういったいまどきの言葉がしっくり来ることもあります。ファッションも言葉も、時代と共に変化していくものです。だからこそ、常に情報を収集しなければなりません!

先日、私が携帯で、日本の「シックな装い」に関するとある主婦の方のブログを「ほー、おしゃれだなー」と感心しながら読んでいたら、それをのぞき込んだ娘が「シックってなあに?」と質問してきました。「thick(厚い)? sick(病気の)?」ですって。

「えー、ファッションがおしゃれなchicだよー」と答えたら、「そんな単語知らない」とのこと。サンプル数1件というおそろしく粗末な聞き取り調査ですが、おそらく、NZの10代の世代は使わない単語のようです。あれ、日本の若者は日本語の「シック」を使うのかしら(サンプル数ゼロのため確認できず)?

ところが、それから数日して、こちらの新聞のファッション面で、見出しに「Chic」が使われているのを見つけました。

20170327.jpg

記事の内容は、母親と13歳の娘でパリにお洋服を買いに出かけた、というもの。いいな、楽しそう。

ということで、キウイの母親世代には、「chic」という単語は使われているようです。

ちなみにchicはそのまま英語読みしたら、「チック」ですが、もともとはフランス語(だから、上記の記事でも使われているのでしょう)で、発音は「ʃíːk」(シーク)が一般的。カタカナの「シ」の音でOKです。「thick」のth(日本語にはない音)も、「sick」のsi(カタカナで書くとスィが近い)も違います。


面白メッセージ満載のベーカリーカフェ

[2017.03.12]投稿者:すーじー


2017-03.JPG

自家製パンを使ったサンドイッチや新鮮なサラダがお手頃値段で楽しめるベーカリーPanes Bread Cafe

地下鉄ブラウンライン「Wellington」駅から徒歩30秒という便利な場所にあることもあり、お昼ごろに近くに来たときなど、ついつい寄ってしまいます。


2017-03HouseSalad@PBC.JPG

House Salad(税込5ドル25セント)。いわゆる「ワンコイン価格」で野菜どっさり&自家製パン付き

パンカウンター奥の棚から好みのものを選べます。今日はローズマリー入りのパンをチョイス。


この店に来るたびに嬉しくなるもうひとつの理由、店内に所狭しと飾られた面白メッセージの数々。

今回は、私のお気に入りをいくつか紹介したいと思います。

2017-03LifeIsShort.JPG


「人生は短い。まずはデザートから食べよう」



2017-03Choco.jpg

IMG_0207.JPGチョコレート私の服を縮ませちゃう!




(左)「たばこ禁止。痰吐きも禁止 ――保健局からの指導」(←原文では、smokingspittingがいい感じで韻を踏んでいます)

(右)「ブタが空を飛ぶとき(不可能なはずのことが可能になるとき)」(←どういう意図で作ったサインなんでしょう? 気になります......)

2017-03ComeToDKSide.JPG

←(上)「チョコレート。やめられなくはないけどQuitter*じゃないんで」  *なんでもすぐあきらめる根性なし。

(下)「ダークサイドへ来なさい。クッキーがあるよ」(←ダースベイダーからの魅力的なお誘い。つい乗ってしまいそうです


個人的には、一番最後のスターウォーズネタがとくに気に入っています♪

Panes Bread Cafe

3002 N Sheffield Ave, Chicago, IL 60657

(773) 665-0972




2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

すーじー

すーじー
1998年春、研究留学する夫に同行して渡米。大の苦手だった英語をイチから学びなおすことに。現在はシカゴ在住のフリーランス英日翻訳者として、マーケティングから金融・経済まで幅広い分野のビジネス案件にたずさわる。最近、興味があるのは、DIYと健康になること。[2016年1月start!]

いぬ

いぬ
幼少期より日本で過ごす。大学留年、通訳学校進級失敗の後、イギリス逃亡。彼の地で仕事と伴侶を得て帰国。現在、放送通訳者兼映像翻訳者兼大学講師として稼動中。いろんな意味で規格外の2児の父。[2008.4.1 start!]

アース

アース
田舎の翻訳者。外国留学・在留経験ナシ。都会生まれの都会育ちだが、現在はド田舎暮らしで、ネットのありがたさにすがって生きる日々。何でも楽しめる性格で、特に生き物と地球と宇宙が大好き。でも翻訳分野はなぜか金融・ビジネス(英語・西語)。宇宙旅行の資金を貯めるため、仕事の効率化(と単価アップ?!)を模索中。[2015年12月終了]

ぺこたん

ぺこたん
高校までをカナダと南米で過ごす。現在は、言葉を使いながら音楽や芸術家の魅力を世に広める作業に従事。好物:旅、瞑想、東野圭吾、Jデップ、メインクーン、チェリー・パイ+バニラ・アイス。[2007.6.1 start!]

みなみ

みなみ
英日をメインとする翻訳者。2001年からニュージーランドで生活。家族は、夫(会社員)、娘(小学生)、ウサギ(ロップイヤー)。[2007.5.1 start!!]

さるるん@ロシア

さるるん@ロシア
米系銀行勤務後、米国留学中にロシア人の夫と結婚。一児の母。我が子には日露バイリンガルになってほしいというのが夫婦の願い。そのために日本とロシアを数年おきに行き来することに。現在、ロシア在住、金融・ビジネス分野を中心としたフリーランス翻訳者(英語)。[2013年7月終了]

トナカイ

トナカイ
フィンランド・ヘルシンキ在住の多言語通訳・翻訳者。日本で金融機関に勤務の後、ヨーロッパへ。留学中に大学講師を務め、フィンランド移住後は芸術団体インターンなどを経て現在にいたる。2児の母。[2010年10月終了]

昼顔

昼顔
外資系金融、在ジュネーブ日本政府代表部での勤務を経て、外務省職員として採用。帰国後は民間企業にてインハウス通訳者としてキャリアを積み、現在は日英仏フリーランス通訳者として活躍中。昨年秋からはNYに拠点を移す。趣味は数年前から再び始めたバレエと映画鑑賞と美味しいモノの食べ歩き。[2010年3月終了]

フレッヒ

フレッヒ
高校時代をドイツで過ごし、日本の大学を卒業後、再び渡独。ドイツでの日本企業勤務を経て10年前よりフリーランスドイツ語通訳者として活躍。車関係全般・ジュエリー・スポーツ関係・整形外科分野を得意とする。普段はワイン・焼酎をこよなく愛し、庭で取れたハーブやジャガイモで主人や友人達とBBQしながら休日を過ごすのが大好き。そして大の八重山諸島フリーク。[2009年2月終了]

パンの笛

パンの笛
幼少時に英国に滞在。数年の会社勤めを経て、出産後の仕事復帰を機に翻訳を本格的に学習。現在はフリーランスの在宅翻訳者。お酒好きで人好き、おしゃべり好きの一児の母。[2008年4月終了]

かの

かの
幼少期を海外で過ごす。大学時代から通訳学校へ通い始め、海外留学を経て、フリーランス通訳デビュー。現在は放送通訳をメインに会議通訳・翻訳者として幅広い分野で活躍中。片付け大好きな2児の母。[2008年3月終了]

まめの木

まめの木
ドイツ留学後、紆余曲折を経て通翻訳者に。仕事はエンターテインメント・芸術分野から自動車・機械系までと幅広い。色々なものになりたかった、という幼少期の夢を通訳者という仕事を通じてひそかに果たしている。取柄は元気と笑顔。[2007年11月終了]

the apple of my eye

the apple of my eye
日本・米国にて商社勤務後、英国滞在中に翻訳者としての活動を開始。現在は、在宅翻訳者として多忙な日々を送る傍ら、出版翻訳コンテスト選定業務も手がけている。子育てにも奮闘中![2007年5月終了]

仙人

仙人
大学在学中に通訳者としての活動を開始。卒業後は、外資系消費財メーカーのマーケティング分野でキャリアアップ。その後、外資系企業のトップまでキャリアを極めた後、現在は、フリーランス翻訳者として活躍中。趣味は、「筋肉を大きくすることと読書」[2007年4月終了]

ガットパルド(gattopardo)

ガットパルド(gattopardo)
伊・仏・英語通翻訳、ナレーション、講師など、幅広い分野において活動中のパワフルウーマン。著書も多数。毎年バカンスはヨーロッパで![2006年8月終了]

Hubbub from the Hub

Hubbub from the Hub
幼い頃から英語に触れ、大学在学中よりフリーランス会議通訳者として活躍、現在は米国大学院に籍を置き、研究生活と通訳の二束のわらじをはいている。[2006年8月終了]

雛


大学在学中に通訳デビュー。外資系企業勤務を経て、フリーランス通訳者に。会議はもちろん、音楽、舞台、映画などの分野でもひっぱりだこ。クライアントからの指名率も高い。[2005.11月末終了]

とと

とと
大学卒業後、数年のサラリーマン生活を経て、フリーランス翻訳者に。技術系から出版物と、幅広い分野で高い評価を得ている。趣味は音楽。ただいま子育て奮闘中。[2005.11月末終了]

背番号8

背番号8
イギリスに長期留学後、インハウス通訳者として数社に勤務。現在は、フリーランス通翻訳者として活躍中。若手通訳有望株の一人![2005.11月末終了]