HOME > LIFE > 小学校留学inニュージーランド

小学校留学inニュージーランド

第10回 四季をめぐって:子どもたちの成長

皆様こんにちは。早いもので、今年の暮れもすぐそこに迫っていますね。今回は、この1年間の子どもたちの成長を振り返り、「小学校留学inニュージーランド」記をまとめたいと思います。

初回に書いた通り、子どもたちの小学校留学の直接のきっかけは、私自身がアメリカでの交換留学生時代に「もっと小さい時に全く違う言葉と文化の中に暮らしてみたかった」という思いを強く抱いたことです。そこから出発し、母親の私が勝手に企画してしまったニュージーランド小学校留学を、子どもたちがどうか楽しんでくれるように、というのが私の一番の願いでした。

一方で、滞在中にある程度の英語力を身につけてくれたら、という希望ももちろんありました。でも、そのための土台として、日本を出る前に特別に英語を勉強することはありませんでした。それは、子どもたちがほぼゼロからスタートして、耳だけでどれくらいの英語力をつけるのか試してみたい気持ちがあったからです。私が高校3年で交換留学した時、頼りにしたのはそれまで日本で積み上げてきた文法と単語でしたが、まだ小学校低学年の子どもたちには、英語の音から学ぶ力があると期待したのです。

父親の海外赴任などの場合、海外滞在が長くなると子どもの日本語力が弱くなるため、家庭では意識して日本語を使うべきだ、というのが一般的な考え方のようです。でも我が家は期間限定の留学生活ということで、子どもたちが1日でも早く英語環境に慣れるようにと、私はNZ到着当初から常に英語を使いました。初めのころ、子どもたちはしょっちゅう聞き返したり、「どういう意味?」と日本語で説明を求めてきましたが、ひと月も経たないうちに、母親の指示くらいは問題なく理解するようになりました。そのうちに学校で、仲良しの友達と肩を組んだり、わいわいと楽しそうに追いかけっこしたり、時にはおしゃべりする姿を見かけるようになりました。

修正済best friends.jpg

学校でESOL(英語特別指導)が始まったのは、1学期の3週目からです。娘と息子、それぞれに担当の先生が1人ついて、月曜から木曜まで毎日30分間、個別に英語を教わるプログラムです。ESOLの進め方は先生ごとに独自のやり方があるようで、娘の先生は「この年頃の女の子はとにかく話がしたいものよ」と、とにかく娘とたくさん話すことを重視していました。英語の文章を教えるときも、校内を一緒に散歩しながら「We are going upstairs.(階段を上っています)」など実体験で教えてくれました。また、娘のクラスで宿題としてプロジェクトが出されたときは、ESOLの先生と一緒に発表内容を考えてパワーポイント資料を作成し、口頭発表の練習をしました。日本とNZの小学校生活の違いをまとめて発表したときは、クラスの友達も興味を持って聞いてくれたようです。

修正済Projects.jpg

一方、息子のESOLの先生は読む力と書く力も重視し、息子は毎日、宿題で出される薄いリーディング教材の音読とスペリング、絵日記を地道に続けました。書く方は最初、先生が書いた1行をノートに写していただけでしたが、そのうちにセンテンスを聞き取って書くことができるようになり、さらに知っている単語を並べて自分で作文するようになりました。3学期頃からぼくは作文の時間が一番好き!と言い、4学期が終わるころには、先生の助けなしに作文用紙に2-3枚も書き綴るようになりました。また、1か月に1回程度、1分間で自分の興味のあることをクラスの友達に話す「お話当番」が回ってきましたが、息子はこの当番で宝物自慢をするのをとても楽しみにしていました。

NZ滞在4か月経過時と9か月経過時に、私が主人にメールで書き送った息子(7歳)と娘(9歳)の英語力の伸びや生活の記録を以下に抜粋します:

(4ヶ月経過時)
息子
・中学校1年生前半程度のリーディングテキスト(be動詞、said、wentなど一般動詞の過去形、will、canなどの助動詞の文章)をスラスラ読む
・毎週5単語のスペリングテスト(上述の基本単語)で高得点
・家ではほとんど日本語だが、Can I? Can you? の文章を自分から言う;兄弟げんかでStop it!などと言う;母親の英語の指示を理解する(Let's eat, Get ready, Quickly, 等)
・親しい友達あり。休み時間は同級生とサッカー中心。知らない子とでも遊び始める
・おどけてみせて、友達を笑わせる。学校が始まった頃は「1日が長い」と嘆いていたが、このごろは放課後5時まで学童に行きたがる



・ESOLでは口頭コミュニケーション中心。自分から発言することはまだ少ないが、ESOLの先生の口頭指示は正確に理解している(宿題の範囲や中身)
・毎晩薄いテキスト1冊を音読。最初は母親に読んでもらうだけで、自分から読もうとはしなかった
・2学期(3か月過ぎ)から毎週、10単語程度のスペリングテストあり
・家ではほとんど日本語。母親の英語の指示を理解
・親しい友達あり。休み時間は鬼ごっこやビー玉交換など。知らない子には話しかけられないが、新しいことへの挑戦(ホリデープログラムへの参加など)は積極的
・手先が器用、絵がうまいことから、クラスの仲間に一目置かれている


(8ヶ月経過時)
息子
・リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4側面すべてで顕著な伸びが見られる
・学校で、基本的な文章(例 I went to Raphael's birthday party.)を先生の支援なしで書くことができる。3学期中盤(9月初旬)の文章作成のテストで、45分間にA4サイズの紙1枚半分の文章を書く。担任、ESOLの先生ともに「よくできている」との評価
・家で、学校での出来事を英語で話すことがよくある。NZ訛りで早口で話すため、母親の私が聞き取れないことすらある
・兄弟げんかを最初から最後まで英語ですることがある。姉への文句を英語で母親に伝える(例 She is annoying me.)
・友達とのコミュニケーション良好。一番の友達の家で9月初旬に1泊したが、何の問題もなし
・8月末に学年集会でSuper Student Award(「スーパー生徒」賞)をもらう。「何にでも積極的に挑戦する」ところが評価された。クラスによくなじんでいる証拠と思われる

修正済classroom.jpg


・ESOLの先生より、オーラルコミュニケーションが積極的になっていると評価される
・家で英語を使うことが増える。英語のアウトプットでは表現、発音ともに弟の方が一枚上だが、英語で話される内容の理解力は圧倒的に弟を上回る。一度母親とけんかになり、母親がすべて英語で(抽象的な内容も含めて)まくしたてたところ、必死で英語で抗議しようとした(母親の怒りの中身はすべて正確に理解していた)
・同じクラスの友達とのコミュニケーションが増える。9月初旬の休校日に半日、同じクラスの3名が遊びに来たが、遊びと会話が途切れなかった(1学期に同じく友達と半日を過ごした時は、母親が介入しないと間が持たない感じであった)
・3学期に行われたクロスカントリーの練習でトータル80周(Year 4女子で3位)。大会ではYear 4女子(約50名)中で9位

修正済cross country.jpg

最後のメモからさらに3か月が経過し、あとひと月でまる1年を迎えるという現在、息子と娘の会話は、家でもすべて英語になりました。学校での出来事を振り返って大笑いするときも、おもちゃをめぐって大ゲンカをするときも、お互いに感情をタップリこめながら英語でやりとりしています。やや込み入った内容を私に話すときも、二人ともまずは英語で説明しようとします。私が不完全な単語や文法を補ってやり、英語で言わせた後、私が「今言いたかったのはこういうこと?」と日本語で聞き直して、内容を確認するようにしていますが、そうやって助け舟を出す回数も少なくなってきたように思います。

英語の上達と共に学校がますます楽しくなり、また放課後はスポーツやアートの活動に精を出し、帰宅後も自宅の広い裏庭で体を動かすいきいきとした子どもたち、そして当初の期待通り、耳で英語を覚え、英語をコミュニケーションの一つのツールとして使えるようになってきた子どもたちを見るにつけ、この1年間の成長を実感する今日この頃です。そしてこの1年間は、私自身も、子どもたちを通して何人かの親しい母親仲間ができ、お互いに家に招いたり招かれたり、週末に一緒に遠出をしたりと、単身での留学時代とは異なるたくさんの楽しい経験に恵まれました。

Mount beachside.jpg

帰国後、子どもたちがこの1年間に身につけた英語の力のいくらかは失われてしまうでしょう。それでも、学年が進み、いよいよ学校で英語の授業が始まったとき、初めて習う文法を通して、自分たちが耳で覚えた英語を新たな角度からとらえ、あの時あまり意味もわからず使っていたあの表現はこういう意味だったのか、というような振り返り体験をたくさんすることができるのでは、と期待しています。そこでまた興味を持てば、子どもたちは今度は自ら、さらに深い英語や英語圏の文化へ飛び込んでいくに違いない、と思います。

1年弱の間、私のつたない文章にお付き合いいただきましてありがとうございました。そして、今回の連載という貴重な機会を与えてくださったテンナインの工藤社長、そして原稿を送るたび、いつも温かい励ましの言葉をかけてくださった翻訳部の渡邉さんに、この場をお借りして深くお礼申し上げます。

それでは皆様、よい年末年始をお迎えください。皆様にとって、2014年も思い出いっぱいの素敵な1年になりますように!

修正済最終登校日.jpg


第9回 ビザ更新

皆様こんにちは。今回は、私のガーディアンビザの更新について振り返って書きとめておきたいと思います。

今回の小学校留学にあたり、日本を出発前に子どもたちそれぞれの学生ビザと、私のガーディアンビザを取得しましたが(詳細は第4回を参照)、子どもたちの学生ビザは2014年3月末日まで許可されたのに対し、私のガーディアンビザは、申請時からきっかり1年後の2013年11月中旬までしか許可されませんでした。東京のビザ申請窓口に理由を尋ねましたが、ニュージーランドでガーディアンビザを延長するように、との回答しか得られませんでした。

10月半ばに、ビザ延長の申請準備を始めました。当初は、前回と同じ申請用紙と添付書類を出すだけでよいと思っていましたが、よくよく調べてみると、子どもたちのビザ期限と同じ2014年3月末まで延長を申請するとなると、滞在期間が12か月を超えるため、今回の申請では新たに「健康診断証明書」を提出しなければならないことがわかりました。前回はニュージーランド滞在期間が12か月未満であることを前提とした「結核スクリーニング証明書」しか提出していなかったのです。この健康診断証明書は、最寄りの診療所で作成してもらうことができましたが、医師の問診と診察に230NZドル、血液検査に100NZドルかかりました。思いがけない出費でしたが、自分の健康状態を確認する良いきっかけになりました。ビザ申請の添付書類としては、この健康診断証明書に加えて、今回も滞在資金証明、親子関係を証明する書類(戸籍謄本と住民票の翻訳)、日本に残る夫がサインした委任状を用意しました。ビザ申請用紙は、日本から用意してきたものにやっと記入し終えたと思ったら、今年の7月に申請用紙が更新されていて、全部書き直す羽目になりましたが・・・。

いよいよ後は、準備した書類を提出するだけという段階になって、どの移民局に提出するのか(ニュージーランド国内には移民局が数か所あります)、返信用の封筒を同封する必要があるのかなど、細かい疑問点が出てきました。これらはニュージーランド移民局のホームページのQ&A(http://dol.govt.nz/immigration/knowledgebase/)を参考にし、何回か電子メールで質問したところ、丁寧な答えがいずれも3日以内に帰ってきました。なお、ビザ申請用紙を記入する段階で、移民局の相談窓口に電話でも質問しましたが、記入方法について具体的に教えてもらうことができました。日本では申請用紙の書き方に関する質問には一切答えられないと言われましたが、ニュージーランドでは事情が異なるようです。結果的に、書類の提出から5日程度で迅速に、更新ビザが貼られたパスポートが宅配便で届きました。

ちなみに、日本で最初のビザを申請したとき、子どもたちの学生ビザも私のガーディアンビザも申請費用は無料でした(ただし手続費用として、それぞれ3500円程度かかりました)。ところが今回、ニュージーランド国内からガーディアンビザを申請するにあたり、申請費用として165NZドルかかりました。なんと、学生ビザの場合は1件250NZドルかかるとのことです! 決して安いとはいえない料金を徴収しているせいか、移民局もカスタマーサービスを念頭に置いていると思われます。上述の通り、メールや電話での問い合わせには丁寧に答えてもらうことができましたし、ビザ更新後すぐに、今回のビザ発行にあたり移民局(ビザ相談窓口)の対応を評価してくださいという趣旨のアンケート調査が電子メールで送られてきました。

それでは次回は、最終回として、この1年間の子どもたちの成長を振り返ってみたいと思います。


第8回 スクールホリデー

皆様こんにちは。前回までは、子どもたちと私の普段の1日についてお伝えしましたが、今回はスクールホリデー(休暇中)の過ごし方について書いてみたいと思います。

ニュージーランドの学校は4学期制で、1つの学期はだいたい10週間です。そして、学期が終わると、次の学期がスタートするまで2週間のホリデーがあります(ただし、第4学期終了から翌年の第1学期のスタートまでは、クリスマスをはさんで2か月弱の長期休暇となります)。スクールホリデーって2週間も、朝から晩まで子どもたちといったい何して過ごしたらいいの??と、初めはものすごく不安でした。ところが、ちゃんとあったのです、ホリデープログラムというものが!

スクールホリデーが近づくと、学校のニュースレターやローカル新聞などいろいろなところに、ホリデープログラム開催のお知らせが掲載されます。開催主体は、通っている小学校、コミュニティセンター(地域ボランティア団体)、YMCA、アートやスポーツ系のクラブなどさまざまですが、だいたい朝8時から夕方6時まで、1日1人30ドル前後で子どもを預かってくれます。子どもたちはプログラムリーダーの指示のもと、屋内・屋外でさまざまな活動をして過ごします。

holiday programs.jpg

我が家の子どもたちのお気に入りは、自分たちの小学校で行われるプログラムと、コミュニティセンターのプログラムです。制服を着ないだけで、リュックサックにお弁当を背負って、朝8時半に家を出るのは普段と同じ。後はお迎えの時間まで、ひたすら遊んで過ごします。どのプログラムにも日替わりで遊びのテーマ(例「ビーズアクセサリー作り」)がありますが、金曜日はたいてい遠足日になっていて、市中の映画館へ出かけたり、貸し切りのバスで1時間ほどの郊外に出かけたり。つい最近では、子どもたちは「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の撮影舞台となったホビット村へ遠足に行ってきました。その前日には空き箱を使ってホビット穴を制作。子どもたちは想像力を存分に働かせながら、夢中になって制作に取り組みました。

Hobbit holes.jpg

そのほかにも、ホリデー中に仲良しの友達を家に招いたり、または訪ねたりと、普段は忙しくてなかなかできないことに時間を割くことができるのも楽しみの一つです。

それでは、続きはまた次回!


第7回 母親の1日

皆様こんにちは。前回は、子どもたちの1日の過ごし方をお伝えしましたが、今回は母親の私の1日をお伝えしたいと思います。

私は夜、子どもたちと夜9時には寝てしまうので、何かすることがある時は朝早く起きて活動を開始します。テンナインさんからいただく翻訳チェックのお仕事も、この時間に進めることが多いです。そして子どもたちが起きてくる7時に、朝ごはんと子どもたちのお弁当の準備を開始。ついでに洗濯機も回しておき、食卓を片付けて洗濯物を干し終わると登校時間です。

小学校へ送り届けた後、週に2,3回はその足で買い物に出かけます。日本と違い、食料品の買い物は大仕事です。スーパーに普通に並ぶ食品は、一つ一つのサイズが大きく、牛乳やアイスクリームは2リットル単位、卵は1トレイ30個入り、モーニングティーのスナックは10袋入り、といった具合。しかも私は、車の免許を持っていません。30分に1本のバスを使うこともありますが、買い物の行き帰りはもっぱら徒歩です!帰り道には背中にバックパックを背負い、さらに脇には大型のエコバックを抱えます。でも実は、普段運動しない私にとって、この徒歩での買い物は絶好のエクササイズ。おかげでNZでも健康そのものです。

grocery.jpg

買い物に行かない日は、早朝にやり残した仕事の続きをしますが、時には、小学校で子どもたちを通じて仲良くなったお母さんたちとカフェに行き、10時過ぎまでのんびりとコーヒーを飲みながらおしゃべりをして過ごします。小学校の近くにも、おいしいカプチーノやラテを淹れるカフェが何件か、朝早くからオープンしています。それぞれ個性的な店構えで、ショーケースやメニューからボリュームたっぷりの朝食をオーダーすることもできます。朝10時を過ぎると、モーニングティーにやってくる会社勤めの人たちで、カフェはますます賑わいます。

Cafe.jpg

小学校での子どもの行事や、ボランティア活動に参加することもあります。例えば毎週金曜日の学年集会。各クラスが持ち回りで、その週に勉強した内容や取り組んだ活動などを発表しますが、自分の子どものクラスが担当のときは、この集会に参加して拍手を送っています。ボランティア活動にはさまざまなものがありますが、最近では、ソーセージ焼きのお手伝いに行きました。毎週金曜日、子どもたちはランチにソーセージを注文することができます。学校の用務員さんが焼くソーセージをクラスごとの注文数に応じてトレイに仕分けし、それにソーセージを挟むパンとトマトソースを添えるという仕事でしたが、最後に余ったソーセージを分けていただき、子どもたちが大好きなこのソーセージの味を私も楽しむことができました。

さて、家に戻り、簡単な掃除などをしているともうお昼。12時から30分間のテレビニュースを見ながら、ありあわせのものでお昼ごはんを済ませます。

午後は、夕食の下ごしらえをしながら仕事の残りを片付けていると、あっという間にお迎え時間の15時になります。前回、子どもたちの1日でお伝えした通り、放課後は金曜日を除いて毎日習い事があり、徒歩やバスで送り迎えをします。一人で歩いて買い物に行くのは一向に苦ではありませんが、子どもたちの習い事の送り迎えの時は、車があったらな、と思うことがたびたびです。特に、水泳の後に大急ぎで着替えてバス停に走るのは、子どもたちにとっても辛いことに違いありません。それでも先週から夏時間が始まり、日が長くなって一安心です。暗くて寒い冬の間、よくがんばってきたなと思います。

帰宅後は、下ごしらえしておいた夕食を出します。定番メニューはカレー、照り焼きチキン、スモークサーモンと卵の手巻き寿司、マーボ豆腐など和食中心です。たまたま、家から徒歩20分のところに中国人夫婦経営の小さな中華料理レストラン兼豆腐屋があり、ここで新鮮な豆腐が手に入りますし、他にもアジア系の八百屋に行けば、ねぎやしょうがはもちろんのこと、大根、とろろ芋、オクラ、ちんげん菜、ニラ、白菜なども買うことができます。おかげで、日本にいるのと大して変わらない食生活ができることはありがたい限りです。

それでは、続きはまた次回!

第6回 子どもたちの1日

皆様こんにちは。前回は、インターネットでの家探しと、探し当てた一軒家での初めての夜の様子をお伝えしましたが、それから早7か月が経過。ニュージーランドに到着したときは夏の盛りでしたが、季節は秋から冬へと移り変わり、今やあちこちで春の訪れを感じる今日このごろです。

というわけで、前置きがすっかり長くなりましたが、今回からニュージーランドでの暮らしについてお伝えしたいと思います。子どもたちの学校生活、休暇中の過ごし方、母親の私の1日、などなど切り口はいろいろですが、まずは学期中の子どもたちの普段の1日を追ってみたいと思います。

子どもたちが通う小学校は、9時に始業のベルが鳴ります。子どもたちは7時に起きて朝ごはんを食べますが、その間に、わたしは子どもたちのお弁当箱にお菓子とおにぎりを詰めます。ニュージーランドにはMorning Tea(午前中のお茶)の伝統があり、この時間になると学校でお菓子を食べることができます!日本の学校では、8時に家を出てから12時半に給食が始まるまで何も食べられないので、子どもたちは学校生活の中でもこの時間が特にお気に入りです。

Morning tea.jpg

制服に着替えて、家を出るのがだいたい8時半前後。子どもたちはキックスケーターに乗り、私は速足で歩いて、10分後には小学校に到着します。私は教室前で別れますが、時々、教室の中まで入って、担任の先生と話したり、子どもの机の中をチェックしたり、教室の掲示を眺めたりします。8時55分に1回目のベルがなると、外で走り回っていた子どもたちも一斉に教室へ駆け込み、9時のベルで授業が始まります。

Morning Teaは10時50分から30分間。この時間にたまたま学校の職員室にいたことがありますが、先生たちも楽しそうにお茶を飲んでクッキーをつまんでいました。そのあとまた授業が続き、お昼休みのスタートは12時40分。お弁当を食べないですぐに遊び始める子がいるので、最近、昼休み開始後10分間は「お弁当を食べる時間」というルールができたようです。食べ終わった子から思い思いに、校庭の遊具や芝生でサッカーやラグビーをして遊びます。

13時30分から午後の授業が始まり、終業は全学年とも15時です。15時少し前くらいから、お迎えの保護者が学校に到着し、子どもたちが教室から出てくるまでの間、会話に花を咲かせています。私の子どもたちは、放課後に習い事がたくさんあり、教室から出てくると、さっそく習い事の場所へ移動開始です。月曜日は、地元の芸術家を支援しているアートセンターで絵画や工作(下の写真は娘の作品です)。火曜日は上の娘が水泳、下の息子がサッカーの練習。水曜日は聖歌隊の練習。木曜日は上の娘の水泳、という具合です。

Art class.jpg

Swim lesson.jpg

金曜日は習い事がなく、放課後の予定もない時は、子どもたちは校内に併設されているAfter School Care(学童保育)プログラムに参加します。内容は日本の学童保育と同じで、専門の先生が子どもたちにおやつを食べさせ、その後、保護者が迎えに来るまで面倒を見ていてくれます。レゴにコンピューターゲーム、映画にフェイスペインティングと毎回アクティビティ満載で、子どもたちはAfter School Careが大好き。ニュージーランドの学童保育では、子どもたちは宿題をさせられませんしね(苦笑)

習い事が終わって帰宅するのは、17時から18時の間です。18時過ぎに夕食を食べて、すこし休憩した後、19時過ぎから子どもたちはESOL(英語特別指導)の宿題にとりかかります。薄いリーディングの教材を音読した後、金曜日のテストに備えてスペリングの練習と暗記。下の息子はそれに加えて1-2行の日記を書き、上の娘はセンテンスの完成などのプリント教材1枚です。次の日の授業でノートに「Super Job(素晴らしい出来)」「Wow(うわぁすごい)」などのシールが貼ってもらえるのを楽しみに、二人ともコツコツがんばっています。

ESOL.jpg

宿題が終わるとシャワーを浴びて歯を磨き、21時前にはベッドに行きます。実は私も、子どもたちと一緒にこの時間に寝てしまいます!1日中動き回っている子どもたちは、あっというまに寝息を立て始めます。

それでは、続きはまた次回!



2 次 》


↑Page Top

プロフィール

飯島小枝

飯島小枝さん
上智大学外国語学部英語学科卒。農水省の現・独立行政法人に勤務後、クイーンズランド大学院日本語通訳翻訳修士課程(MAJIT)を経て、通訳・翻訳エージェントに登録、約10年間、数社のインハウス通翻訳に携わる。2012年5月にフリーランス翻訳者として独立、同時にテンナイン・コミュニケーションの翻訳チェッカーとして稼働。2013年1月末から小学校低学年の子ども2人とニュージーランド滞在中。プロフィール画像は娘さんによる似顔絵。