HOME > LIFE > アマンダrecipe #4

アマンダrecipe

手抜きパエリア

Lazy man's paella
メニューへ戻る

【材料】  2-4人分
白米 2合
サフラン ひとつまみ
ぬるま湯 大さじ1
大正エビ 4尾
刺身用イカ(又はロールイカ) 1杯
チョリソー 4本
ピーマン 2個
トマト

大1個

にんにく 2片
オリーブ油 大さじ3
ピザ用チーズ 大さじ3
   
A▼  
固形スープの素 1個
小さじ1/4
2カップ
ローリエ 1枚

【作り方】

1 サフランは器に入れてぬるま湯大さじ1ほどを加えておく。
2 ピーマンとトマトは1センチの角切りに、にんにくはみじん切りにする。
3 イカの胴と足を分ける。胴は輪切りに、足は食べやすく切り分ける。
4 エビは殻をむいて背割りにし、ワタを取る。チョリソーは1センチ幅の輪切りにする。
5 フライパンにオリーブ油をひき、にんにくを弱火で炒める。香りが出てきたらチョリソーを入れてさらに炒める。
6 チョリソーに焼き色がついたら、洗っておいたお米を加えてよく炒める。
7 全体にパラパラとなったら、ピーマンを加えて炒め、浸しておいたサフラン、トマト、Aを加える。
8 表面をならしてチーズと魚介類をきれいに並べ、ふたをして中火で炊き上げる。沸騰したら火を弱めて15分ぐらい炊き、水分がなくなり周囲が乾いてきたら完成。

アマンダ豆知識

友人と料理について話す時に使う、自然な英語表現をご紹介します。
印にカーソルを乗せると英語が出ます。

このレシピ、正確には「手抜き」というより「材料抜き」といえるかもしれません。一般的にパエリアというと、ムール貝、アサリ、鶏肉、ガルバンゾー豆等など、かなり材料の多いイメージなので、普段なかなか作る気にならないかもしれません。パエリア鍋やオーブンがなければ作れないと思ってしまう人も少なくないはず。このパエリアはフライパンで作るので、そのままテーブルに出しても豪華。作った! という手応えがあるうれしいメニューです。是非挑戦してみてください!野菜も、ピーマンの代わりに、さやいんげん、ホールコーン、エリンギ、プチトマトなどお好きなもので構いません。実はパエリアって、かなりアダプタブル!お好みでレモンを絞ってどうぞ。

 

焼き野菜のイタリア丼

Italian-Style Rice Bowl
メニューへ戻る

【材料】 2人分
長いも 160g
パプリカ(赤、黄) 各1/2個
舞茸 1パック
オリーブ油 大さじ2
にんにく 1片
ローズマリー 適量
バルサミコ酢 1/4カップ
マヨネーズ

適量

玄米ご飯 茶碗2杯分
イタリアンパセリ 適量
   
A▼  
薄口しょうゆ 小さじ1
みりん みりん
小さじ1/4
こしょう 少々

【作り方】

1 長芋は表面をタワシでよくこすり洗いし、水けを十分に拭き取り、ガズコンロにかざしてひげ根を焼く。食べやすい大きさに切る。
2 パプリカはヘタと種を取ってそれぞれ縦半分に切り、舞茸は4等分にほぐす。
3 フライパンにオリーブ油を熱して1と2の野菜をこんがり焼きつけ、耐熱容器に入れる。
4 3にAを入れ野菜全体にからめ、つぶしたにんにくとローズマリーを加える。アルミホイルでふたをし、180℃のオーブンで20分ほど焼く。
5 小鍋にバルサミコ酢を入れて弱火にかけ、1/4量くらいになるまで煮詰めて粗熱を取る。十分に冷めたら、マヨネーズと混ぜ合わせる。
6 器にご飯を盛りつけ、焼き上がった4の野菜を彩りよくのせる。上から5のソースをかけて、イタリアンパセリを飾る。

アマンダ豆知識

友人と料理について話す時に使う、自然な英語表現をご紹介します。
印にカーソルを乗せると英語が出ます。

野菜をオーブンでじっくり焼いて甘みを出し、カラフルな丼に仕立てました。味付けは洋風ですが、出来上がりは和食です!  歯ごたえのある食感、噛むほどに出てくる自然な甘み、"おいしいものは、体にいい"、そう思わせる力がこの丼にはあるような気がします。この焼き野菜には玄米が合うかなと思ったのですが、パスタとあえるのもおすすめです。


 

めかじきの蜂蜜醤油だれ丼

Swordfish with a Honey and Soy-Sauce Sauce on Rice
メニューへ戻る

【材料】 2人分
めかじき 2切れ
にんにく 2片
蜂蜜 小さじ1
青ねぎ 1/4束
ご飯 茶碗2杯分
サラダ油 大さじ2
バター 大さじ2
しょうゆ

大さじ1

【作り方】

1 にんにくを薄切りにする。フライパンに、サラダ油大さじ2とにんにくを入れて弱火にかけ、カリカリのきつね色になったら取り出す。
2 フライパンをサッと拭いたら強めの中火にかけ、めかじきを並べ蓋をする。
3 焼き色がついたら裏返して両面をこんがりとさせ、蓋をして弱めの中火で焼く。中まで火が通ったら取り出す。
4 フライパンを拭き、バター大さじ2、しょうゆ大さじ1、蜂蜜を煮立たせる。3を戻して全体をからめる。
5 どんぶりにご飯を盛り、4をのせて煮汁をかけ、1と小口切りにした青ネギを散らす。

アマンダ豆知識

友人と料理について話す時に使う、自然な英語表現をご紹介します。
印にカーソルを乗せると英語が出ます。

めかじきって、いったいどんな魚だったっけ?と思ってしまうぐらい、切り身としておなじみの魚です。 昔は手ごろな値段で手に入りましたが、この数年で少しずつ高くなり、今ではなかなか手が出ません。 それでも身は柔らかく、味にクセがない食べやすい魚なので、いつも「お買得の日」を楽しみにしています!今回は、めかじきがどーんと一枚のった豪快などんぶりにしてみました。蜂蜜で甘みをつけたので、まろやかな仕上がりです。

 
辛いトマトシチュー
Spicy Tomato Stew
メニューへ戻る

【材料】 2人分
豚肩ロース薄切り肉 150g
かぶ 2個
セロリ 1本
たまねぎ 1/2個
にんにく 1片
赤とうがらし 4-5本
オリーブ油 大さじ1
トマト缶

大1缶

3カップ
ドライオレガノ 少々
チリパウダー 小さじ1-2
塩・こしょう 適量

【作り方】

1 豚肉は一口大に切る。かぶは縦に8等分に切る。セロリの茎は筋を取って斜め薄切りにし、葉は手でちぎる。たまねぎは縦に薄く切り、にんにくはみじん切りにする。
2 鍋にオリーブ油を入れて火にかけ、にんにくを弱火で炒める。香りが出たら豚肉を加え、塩こしょうをふり、強火で炒める。
3 肉の色が変わったら、セロリの茎、たまねぎ、ヘタを取った赤とうがらしを加えて炒める。野菜がしんなりしたらかぶを加えて炒める。
4 全体に油がまわったら、水とトマトを加えて混ぜ合わせる。セロリの葉とオレガノを加える。ふたをして弱めの中火で15分煮たら、チリパウダー、塩、こしょうで味をととのえる。

アマンダ豆知識

友人と料理について話す時に使う、自然な英語表現をご紹介します。
印にカーソルを乗せると英語が出ます。

赤とうがらしを種ごと入れることで辛さがグッとアップ、寒い冬は温まり、暑い夏には疲れが吹っ飛びます!辛さを押さえたい方は、赤とうがらしの種を取るか、チリパウダーの量を減らして味を調整してください。パンにもご飯にも合うメニューです。水菜のサラダと相性抜群! ビールをおいしく頂けるメニューが誕生しました!

 
がんもどきとねぎのワイン煮
Wine-simmered deep-fried tofu balls and long onions
メニューへ戻る

【材料】 2人分
がんもどき 4個
にんにく 1-2片
赤とうがらし 1本
ねぎ 2本
オリーブ油 大さじ2
   
A ▼  
白ワイン

1.5カップ

固形スープ(チキン味) 1個
小さじ1/2
こしょう 少々

【作り方】

  下ごしらえ
1 がんもどきに熱湯をまわしかける。
2 ニンニクは半分に切ってつぶす。
3 赤唐辛子はぬるま湯に付ける。
4 ネギは8センチ長さに切る。
   
  作り方
1 鍋ににんにく、赤唐辛子、オリーブ油大さじ2を入れて火にかけ、にんにくが少し色づくまで炒める。
2 ねぎを加え、さっと炒める。
3 白ワイン、固形スープ、がんもどきを入れる。煮立ったら中火にし、煮汁がほとんどなくなるまで、ときどき混ぜながら4-5分煮る。

アマンダ豆知識

友人と料理について話す時に使う、自然な英語表現をご紹介します。
印にカーソルを乗せると英語が出ます。

冬になると、豆腐の出番が多くなってきますよね。豆腐や厚揚げを厚く切って、野菜と一緒にお鍋に入れるだけでも立派なお料理ですし、湯豆腐も寒い日の夜には嬉しいメニューの一つです。お豆腐を食べると心の底まで温かくなるように思います。がんもどきも使い道が多くて大好きな食べ物です。今回は、大人のためのワイン煮にしてみました。ねぎの歯ざわりのよさとすっきりする味がおしゃれ!

 
<<前のメニューへ 次のメニューへ>>

↑Page Top

プロフィール

アマンダ

アマンダさん
オックスフォード大学卒業後、1993年来日。英会話講師、オンサイト翻訳者を経て、2000年にフリーランス日英翻訳者として独立。言葉へのこだわりの高さから、訳文の評価は非常に高く、現在第一線で活躍中。