HOME > LIFE > ねこ好き営業レポート

ねこ好き営業レポート

正社員募集中 5

今回は写真がないので、
自宅で咲いた朝顔の写真をどうぞご覧ください。

朝顔.JPG


テンナイン・コミュニケーションでは、
正社員を募集しています。

ご関心のある方は、是非ご応募ください。
http://www.ten-nine.co.jp/other/recruit.html

鋭意採用活動中でして、
日々日々面接を行っております。

中途だけではなく、新卒の採用活動も行っているのですが、
先日は印象深い方とお会いしたので、その話をしたいと思います。


採用面接は、お見合いみたいなもので、と言った使い古された表現がありますが、
全くその通りだと思います。

私のような企業サイドの採用担当者も、
応募された方がテンナインにマッチしているのかどうかを気にしていますが、
当然応募された方も主体的に考えていただきたいと思います。

晴れて、マッチすればいいのですが、
そう易々とそういった方と出会えないのが採用活動です。

私も含め大半の人が、就職活動・転職活動を行ったことがあると思いますが、
中々運命の会社は見つからないですよね。
企業サイドに立ってもそれは同様です。

お互いに探しあうのが、就職活動だったり採用活動だったりしますが、
先日面接に来られた新卒の方から面接の最後に
質問をいただきました。

「就職活動がなかなかうまくいかず、
どうしても内定を取りたいという思いが先に立ってしまいます。
どうすれば内定を取れるのですか。」


中々聞きたいけれども聞けない質問で率直にすごいなあと感じました。
新卒として就職活動をしていた当時の私には
とてもできない質問でした。


私は、人材紹介のキャリアがメインなので、
私の素性を紹介元の企業さんから聞いたからこの質問をしてきたのかと思い、
確認したところ知らなかったとのことでした。


私は、面接トレーニングもできるので、
この質問に喜んでお答えできるのですが、そうであるのなら、
まずこの質問ができたことがすごいと思いました。

営業活動でもそうなのですが、
振り返れば、ああいえばよかったな、
こういえばよかったな、あれもいっておけばよかったなというのは
よくあることです。

100%言い切れたというときは交渉が大体うまくいっていない時なので、
こう思うことはある程度は健全なのですが、
反対にベースとして、
ツボとなるポイントは必ず伝えなければなりません。

言いたいことがすぐに口から出たというのは、
その言葉が体に染みついているのか、本気でそう思えているかのどちらかです。

私がお見受けしたところ、
この新卒の方は、
ご自身が伝えたいことはまとまっていらっしゃり、
後は合う企業を探せるかどうかでした。

多分この質問が出てくる時点で、
弊社は違うなと思ったのでしょう。


そう判断できることもさることながら、
更に踏み込んでこの質問ができることは本当にすごいことです。

その上、私はこの質問にお答えできるので、
そういう相手に質問ができることはさらにすごい事なので、
率直に感動しました。

私からお伝えすることは、
面接をしている中で思っていたことなので、
率直にお伝えし、スッキリされてお帰りいただけました。

採用実績にはつながりませんでしたが、
こういう出会いがたまにあるのが採用活動の面白いところです。


レゴランド 4

先日夏休みを頂戴し、
名古屋にあるレゴランドに行って参りました。


私は、名古屋が好きです。
愛知・岐阜に親戚が多いため、あの雰囲気、また食べ物も私には美味しく感じられます。
(ある先輩は、あんな甘いもん食べれるかと言っていました。お酒飲みの方には
合わないのかもしれません。)


一方、名古屋は魅力に欠ける都市として話題にもなりました。

http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000084/84816/chousakekka.pdf
(名古屋市)
http://www.sankei.com/west/news/170106/wst1701060087-n1.html
(産経新聞)

是非ともこのまま魅力に欠けるというイメージのまま行ってほしいというのが本音です。
空いているのは、何よりありがたいです。しかしいつかは気づかれてしまう気もしています。

その名古屋でも、WEB ニュースでコテンパンに叩かれているレゴランドに行って参りました。

私も情報を信じて、面白くなさそうだなと思い込んでいたのですが、
調べてみると、なかなか悪くないのではと思うようになりました。

特に三歳から十歳ぐらいの子供にはちょうど良いようでした。
我が家は三歳の娘がおりますので、ぴったりだということで行くことになりました。

ガラガラではありません。
とはいえ、混んでいるということでもありません。

ほどほどに混んでいるという状況で、
混んで嫌になるというほどでもありません。

高いと言えば高いですが、
TDRやUSJに比べて、レゴランドが自分自身でこっちが下だからと言って
値下げするのも変なので、
同程度ならやむなしと思っています。

悪いニュースも、何となく話題作りなのではとも、頭の片隅で思っておりましたが、
そういう側面もあったのではと思っています。

子供向けにはぴったりです。

日本語よりも英語が目立ちます。
何より英語の方が文字が大きいです。

ちなみに、レゴ未経験の娘でも楽しめました。

レゴランド1.JPG
レゴランド2.JPG
レゴランド3.JPG


日本に進出している外資系企業の数は3000社 3


通訳・翻訳サービスのニーズは外資系企業がやはりメインです。

しかしながら、その数は意外と少なく、
日本にある外資系企業は3000社程度しかありません。

(外資系企業総覧 2017年版 東洋経済新報社)
https://store.toyokeizai.net/databook/dbs_gaishikei/


日本の企業数は421万社とされています。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/chushoKigyouZentai9wari.pdf
(中小企業庁)


日本企業の数に比べますと、
その数は圧倒的に少ないと言えます。

外資系の企業様は、
非常に華やかで目立つ印象があるので、
数多くある印象が強いですが、
この程度の数しかなく、
一社一社の取引が非常に大事だなと改めて思う次第です。

テンナインは、通訳・翻訳業界では後発ですが、
案外と多くの外資系企業様と接点を持っていることが上記の数字からわかります。

数少ない外資系の企業様とのリレーションは、
これからも大事にしていきたいと思います。


中日翻訳者募集中 2

現在、北京でご依頼いただく中日翻訳者が不足している状況です。
もしもご対応いただける方がいらっしゃれば是非ご連絡いただけるとありがたいです。


テンナインは、北京に支社を設けています。


北京でのご依頼は、翻訳の比率が高いです。
しかし、日中関係が悪化してからは、通訳が必要な会議も減っていた状況でした。


中々厳しい状況が続いてきました。
それにも何とかめげずに、
北京のスタッフが顧客からの要望に着実にお応えしてきた結果、
最近では業績も上向きになってきている状況です。


日系メーカーの企業様からの依頼が多く来ています。

私も最近二年ぐらいは、定期的に北京に出張させてもらい、
そのたびに企業訪問を行っている状況です。

今後は、第三次産業の中国進出が見込まれているという話をよく聞きます。

企業リレーションも深まりつつあり、
これから案件も増えていくと思います。

IMG_4722.JPG

これはテンナイン北京支社(語虹舎)のあるビルの写真です。


我が家の愛猫について 1

今月より、ブログを書かせていただきます、
武藤と申します。


まずは上記写真に掲載の我が家の愛猫について。

2012年2月生まれ、名前はニーナ、
メスです。2017年現在5歳です。

品種はアビシニアンです。


075.JPG


ちなみに以前、実家で飼っていた猫は、雑種でもらい猫でした。
(先代と呼んでいます。アメリカンショートヘア似の雑種。)

ニーナを飼うまでの経緯について記したいと思います。

私が良く立ち寄るペットショップがあるのですが、
そこは犬だけでなく猫も多く、よく見に行っていました。

特に飼うつもりはなく、
猫に関しては、私は博愛主義なので、どんな猫も愛でていました。

しかしながら、2012年の春先のある時、
そのペットショップに、先代にそっくりな猫がいたのです。

野良猫を含み、数々の猫を愛でてきた私には、
この猫の出現がただの偶然ではないと感じるほど、そっくりでした。

やはり運命的なものを感じる、
しかし猫を今すぐ飼う覚悟はできていない、
ので一旦、帰宅します。

やはり気になるので、
翌週に再度来店。

しかし、先代に似た猫はいなかったのです。

途方に暮れているところ、
目に入ったのが、ニーナでした。

先週までいなかった空いているケージの中で、
やんや遊びまわっていました。

今回はすぐに飼おうと決め、
妻を説得し、迎え入れることに決めました。

当時仕事上で悩みを抱えていたのですが、
何となく猫がいると、運が良い気がする私には、
重要な出会いに感じました。

生後三か月足らずのニーナを連れて帰り、
猫との生活が始まりました。



1


↑Page Top

プロフィール

武藤和宏

武藤和宏さん
東証一部上場経営コンサルティング会社、大手転職エージェント会社勤務を経て、2013年より現職。
コンサルティング会社では、主に中堅中小企業の経営者を中心に法人営業、 転職エージェントでは、多くの業種業界の、経営層・エグゼクティブ層から第二新卒まで幅広く採 用支援に携わる。採用決定実績は1000名以上。20,000人を超えるビジネスパーソンと接点を持ちながら、採用支援を行う。現在は、テンナイン・コミュニケーションにて、法人営業、人事採用、中国事業を統括。
東京亀有生まれ、神奈川県秦野市育ち、筑波大学第一学群社会学類卒業。現在、川崎市在住。猫好き。飼い猫は青森生まれのアビシニアン。