HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

自分の知識は誰のもの?

 今の時代、パソコンがあればどんな情報でも入手できるようになりました。かつてはデスクトップが主流で、机に張り付いて調べていたことも、今やモバイルパソコンやiPadなどのおかげで「いつでもどこでも」情報を手に入れられるようになったのです。通訳現場でもiPadを見かけることが増え、そのスピードと性能の素晴らしさには目をみはるばかりです。

 そうした技術力を身近に感じ、自分の仕事でもフルに生かしてより良い生産性を目指すことが私たちには求められています。私自身はかなりの機械オンチですので、まだまだ使いこなせていないのですが、「操作が難しいので使えません」と言うことが憚られてしまう時代もいずれはやってくるのではないかと思っています。

 しかし、大量の情報を瞬時に取り入れられる今、そうして得た知識や情報というのはいったい誰のものなのだろうとも思います。大事なのは、自分が取り込んだ情報を自分だけの宝にすることではないはずです。むしろ必要とされるのは、そうして得た知識を自分の「知恵」に変えることだと私は考えます。知恵を使い、人間的にも成長することで、賢者としてより良い社会のためにそうした情報や知識を還元することが求められると思うのです。

 ここ数年、科学分野で日本人がノーベル賞を受賞するようになりました。そうした科学者たちは、自分のため「だけ」に研究をしてきたのではありません。たゆまぬ努力を続けて技術を進歩させることで、世のため人のためになりたいという気持ちがあるのです。文系理系を問わず世界中で活躍する研究者たちも、自らの知識欲を満たすために研究を続けているのではありません。論文や学界における発表が、いずれ後進のために役立てばという思いが存在するはずです。

 情報の入手速度を競うことだけに焦点を当ててしまえば、それはF1マシンやリニアモーターカーが世界最速を狙うこととあまり変わりありません。コンピュータの処理速度短縮のためだけに私たちがパソコンを利用しているのだとすれば、それはPCの技術力アップをお手伝いする消費者モニターと変わらないのです。

 大切なのは、取り入れた情報をより良い未来のために使うことです。情報洪水に溺れず、情報メタボにならず、知恵に変える力を養いたいと私自身、自分に言い聞かせています。
 

(2010年11月15日)


成功に必要なのは意志よりも計画性

 毎日仕事や家事、子育てなどをしていると、「ああ、あともう少しだけ時間があったらなあ」という思いにかられます。私なりに時間管理術の本を読んだり、家事を効率化してみたりといろいろと工夫を重ねてきたつもりではいますが、やはりそれでももっと時間がほしいという気持ちを抱きながら今日に至っています。

 ただその一方で、自分でもずいぶん欲張りだなと思ってしまうこともあります。家族がみな健康で、食べるものもあり、寝るところもあるというだけでも十分幸せな人生のはずです。それなのに「スポーツクラブに行きたい」「フランス語を勉強したい」「もっと新聞を読みたい」「英語を学びたい」と、ややもすると欲求はエンドレスになってしまうのです。

 先日聴いたフィットネス関連のポッドキャストで、興味深いことが言われていました。ダイエットの成功の有無は「意志が20%、計画が80%」なのだそうです。つまり、「ダイエットしなきゃ」と自分の意志でコントロールしようとするとストレスがたまってしまいますが、食事や運動計画をしっかり立ててそれを実行することに焦点を当てた方が成功する確率が高いというのです。

 確かにその通りだと思いました。英語学習でも家事でも、いったん面倒だと思ってしまうと、着手するまで時間がかかってしまいます。「やらなきゃ」と頭ではわかっているものの、つい他のことを優先したり、先延ばしにしてしまったりするのです。

 けれども計画をまずは立てて、それをこなすようにした方が取り組みやすくなります。たとえば私の場合、「冷蔵庫の中の食材を見て献立を考える」ということがものすごく不得意です。「適当に調理する」といった作業がとても苦手なのです。

 一時は「料理を得意にならねば」とプレッシャーに感じた時期もありましたが、やはりうまくいきませんでした。けれどもその後、「不得意ならそれでいい。その代わり、一週間分のレシピを集めてそれを順番に作っていこう」と計画を立てるようになって以来、スムーズにいくようになったのです。要は「苦手なら苦手なりにシステム化してしまう」ということです。

 英語学習であれば、たとえば翌朝勉強できるよう前の晩のうちにテキストとノートを開き、電子辞書もすぐに引けるよう、ふたを開けておくというのも一案でしょう。朝、ジョギングを続けたいのであれば、ウェアとシューズを用意して寝るということでハードルは下がります。

 大事なのは、意志に頼ろうとせず、計画を作ること。私自身、いろいろな分野でこれを応用したいと思っています。
 

(2010年11月8日)


モノに対するポリシー

 先日業務で担当したCBS Evening Newsで興味深いレポートがありました。それによると、最近アメリカでは「100点以下のモノで生きていけるか」という考えが流行しているのだそうです。洋服1着、お皿1枚、鉛筆1本などすべてを1アイテムととらえ、合計数100個以内で暮らせるかどうかを実践している人のレポートでした。取材を受けていたのは男性でしたが、自宅マンションは実にすっきりとしており、クロゼットにかけられていた洋服もまるでディスプレイ用オブジェのような印象を受けました。

 アメリカというと、「大きいこと・たくさん持つことは良いことだ」という価値観があります。しかし、景気後退が続き、可処分所得が減少する中、手持ちのものでどのようにやりくりするかも大きなテーマです。一方、日本でも家屋が狭い分、片付けや収納は私たちにとって永遠の課題と言えるでしょう。ただ、いずれにしてもモノの絶対量を減らさないことには、完全なる解決法にはならないと私自身は考えます。

 私は社会人になってから自分なりにモノに対するポリシーを考え続けてきました。最近は以下の3点を意識するようにしています。

1.地産地消
 食べ物であれ、グッズであれ、できる限り地元で作られたものを買うよう心がけています。野菜は近くのJAショップで買い、スーパーでも地元または近郊の農地でとれたものを選ぶようにします。無い場合は国産品を、どうしても国産品がなければ輸入品を買います。大事なのはなるべく地元で地元産のものを買うということ。地元ショップの売り上げに貢献できれば、ひいては自分たちの暮らす街が税収入で潤うからです。

2.食べるものほど安心なものを
 一時期、食品偽造が頻繁に見られたことがありました。やはり私たちにとって食べるものへの意識は大切です。私自身はきちんとしたものを食べて適度な運動をすることが自分の健康を保つことになり、病気などで通訳や指導の仕事を休まずに済むと考えています。ですので、日ごろから栄養状態が良くなるよう心がけています。
 我が家は紅茶が好きなのですが、先日、3000円するリーフティーを思い切って買ってみました。紅茶だけはやはり輸入物に頼るしかないのですが、価格こそ高額ではあったものの、実に香り高くおいしい紅茶を楽しむことができました。私たちはつい、醤油や砂糖などの調味料ほど安いものに手が伸びてしまいます。けれども毎日摂取するものこそ、多少高くても安心な材料の方が良いと私は思っています。それに「ご褒美感」も生まれますよね。
 カジュアル衣料品店で2980円のシャツは安いと思うのに、なぜ3000円の紅茶は高く思えてしまうのか。人間の心理というのも不思議なものです。

3.「いつか使うもの」は二度と使わない
 「この箱、きれいだから誰かへのプレゼント用にいつか使うかも」「頂きもののペン、もったいないからとっておこう」。こんな具合に私たちは未使用品やまだ使えそうなものについては「いつかのときのために」保管するという傾向があります。けれども、「いつか」というのは意外とやってこなかったりするものです。現にその「いつか」の日までの間に好みが変わったり、もっと良いものを自腹で購入したりというケースがあるのではないでしょうか。
 具体的な使用日が定まらないままでは、クロゼットをふさぐばかりです。それよりも、思い切ってチャリティー団体へ寄付したりフリーマーケットに出したりしてみましょう。「そのグッズを本当に必要としている人」に使ってもらう方が、広い視点でとらえれば世の中のためになります。

 私は9月の引っ越しの際、かなりのものを思い切って処分しました。たとえばフルーツ用のガラスボウル。大きい割には上げ底タイプで、果物をたくさん載せられなかったのです。その代わり、今はガラス製のスポンジケーキ皿に盛りつけています。モノというのは無いなら無いで、工夫のし甲斐があるもの。自分ならではのアイデアを生み出すのも、楽しい作業です。

 

(2010年11月1日)


美しいか、役に立つか

 先日出かけた埼玉県立近代美術館には小ぢんまりとしたミュージアムショップがあります。都内の同様の店舗に比べると品数は限られているのですが、行くたびに新しい書籍の品揃いを目にすることができ、いつも魅了されています。

 今回購入したのは津田晴美著「気持ちよく暮らす100の方法」(ちくま文庫、2004年)です。津田氏は建築やファッション関連の仕事に従事したのち、現在はインテリア・スタイリストとして活躍中です。

 本書には暮らし方に関するアイデアがいろいろと出ていました。著者自身が使ってみて良かったアイテムの紹介から、つい忘れてしまう「ドアノブ磨き」などに至るまで、生活についてのトピックが満載です。

 中でも私が共感したのは、津田氏の価値観である「美しいか、役に立つか」という考え方です。たとえば何か一つ買いそろえるにしても、それが自分にとってデザイン的に美しいか、自分の生活で役立つのか。そうしたことをじっくりと考えてから買うことを勧めています。

 このフレーズはその後の私に大きな影響を与えてくれました。私たちは街を歩けばたくさんの商品に遭遇します。とりわけ日本の場合、大人になっても「かわいいもの」が愛される傾向にありますので、キャラクターグッズを年齢問わず身につけることにさほど後ろめたさはありません。今でこそ海外でもkawaiiという単語がお目見えするようになりましたが、かつて暮らしていたイギリスで、社会人女性がキャラクターアイテムを持っている光景を目にしたことはなかったのです。

 「美しいか、役に立つか」。私はこの価値観を自分の生活の2分野で当てはめることにしました。

 まずは「日常アイテム」。たとえば販促グッズを無料でもらった場合、自問自答してみるのです。「この企業ロゴ入りペンは今の私に本当に必要か?私にとってデザイン的に美しく、かつ役に立つのか?」という具合です。もし答えがイエスであれば使いますし、ノーであれば地元チャリティー団体に寄付する段ボール箱に保管します。街頭で配られた化粧品サンプルも同様で、ポイントは「答えがイエスであるならば、なるべく早く使い切る」という点です。つまり、「タダで突然我が家に『侵入』してきたものは、できる限り迅速に消費する」と考えるのです。

 2点目は自分自身の仕事に関してです。通訳という仕事は言葉を操るわけですので、訳語のニュアンスや適訳など、聞き手の主観ももちろんあるでしょう。けれども自分の作業においては「今の通訳で美しいか(=聞きやすいか)、自分は聴衆の役に立っているか」を考えるようにしています。このコラムのような原稿を書くときも同様で、しっかりとした美しい文章か、読者にとって少しでも参考になり、役立つことが盛り込まれているかなどを自問自答するようにしています。

 「美しいか、役に立つか」という考えに終着点はありません。だからこそ、これからも日々研鑽を積み続けたいと考えています。

 

(2010年10月25日)


パソコン買い換え

 長いこと使っていたノートパソコン。ここしばらくの間、ずいぶんスピードが遅くなったなと思ってはいたのですが、新しい機種を探すのも何かと億劫で、しかも大の機械音痴ゆえ、延ばし延ばしになっていました。ところが最近、NHK講座「ニュースで英会話」のウェブ執筆を担当するようになり、このままの仕事環境ではいけないと真剣に購入を検討するようになったのです。

 「ニュースで英会話」はテレビ・ラジオ・ワンセグ・ウェブと多方面で学習ができる画期的な講座です。私はこのたびウェブ上の原稿解説のお仕事をいただくようになったのですが、原稿受領から解説・納品までのサイクルが時間的にタイトな業務です。ニュースという旬の素材を扱っているからこそとも言えるでしょう。

 このたび「よし!PC買い換えだ!」と思い至ったのは先週のことでした。まずパソコン本体の電源を入れて立ち上がるまで5分、メールソフトを起動してNHKの担当者からのメールを開くまでさらに5分かかりました。そして添付ファイルを開けるまでまたまた時間がかかり、ワード文書を印刷し終えるまで延々と時間が過ぎていったのです。パソコンのスイッチをオンにしてからプリントアウトに至るまでの所要時間、なんと45分でした。

 これではもはや仕事になりません。第一、あまりにも動作環境が不安定なパソコンを使い続けていよいよ本体が壊れてしまえば、バックアップすらおぼつかない状況です。夫も私もあまり機械製品に詳しくないのですが、とにかく早く購入しようと量販店へ出かけました。

 とりあえず使いやすそうなデスクトップを購入し、メールやネット接続のためにスタッフの出張サービスもお願いして、このたび無事使えるようになりました。この原稿も新しいパソコンで執筆しているのですが、先代とは比べ物にならないくらいの超速です。たとえるならF1カーと徒歩の違いとさえ言えるでしょう。

 出張サービスのスタッフに尋ねたところ、パソコンはだいだい5年ぐらいで動作環境が遅くなってしまうとのこと。それが買い換えの目安なのだとも述べていました。

 「まだまだ使えるから」とだましだまし使っていても、あまりにも仕事に支障が出るようであれば効率面でも生産性の面でもガタ落ちです。今回つくづく思ったこと。それはことパソコンに関しては早め早めの行動が一番ということでした。

 

(2010年10月18日)



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。