HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第101回 Key principles of the single marketは守られるのか?!

皆さん、こんにちは。しばらくお休みさせていただき失礼いたしました。今月の初旬はポーランドで開催された第41回世界遺産委員会で通訳をしていました(参照記事・写真)。「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が諮問機関イコモスの厳しい勧告を覆し、無事8つの資産すべて認められた感激の瞬間を現場で体験でき、通訳者冥利につきる思いでした。

さて、先週Brexit(英国のEU離脱)関連で興味深い記事を見かけたので紹介します。

見出しはTony Blair says EU could compromise on freedom of movement(参照記事)。

トニー・ブレア英元首相については、現在20代以下のお若い方はどれくらいご存知でしょう? ちょうど20年前の1997年(ちょうど私が渡英した年)に、ずっと不調だった労働党を「ニューレーバー」というリブランディングで大成功させ、18年ぶりに保守党から政権を奪い、43歳の若さ(とgood-looking)で首相になりかなり話題になりました(今年のマクロン仏大統領のように?!)。その後、金融危機が起きる直前の2007年まで、イギリスが好景気だった10年間首相を務めた超大物政治家です。イラク戦争で強硬的に英国を参加させたことで国民の反感を買いましたが、EUの初代大統領にもなるかと噂されたほどの親EU派で、「ただの人」となった今でも世論に影響力を与えようと時々メディアを通して発言しています。

そのブレア元首相によると、「EU改革を訴えてマクロン氏が仏大統領選で当選したことにより、EUの改革が進む。その中にはthe key principles of the single market(単一市場の主要原則)、つまりthe freedom of movement of people, goods, services and capital(人、モノ、サービス、資本の自由な移動)も含まれる」とのこと。

これは、これまでEUが何度も訴えていた「単一市場に残るなら人の移動は制限できない」という主張に反します(第52回の1第76回の2参照)。けれども第99回で紹介したトゥスクEU大統領からのラブコールと合わせて考えると、改革されたEUに英国が残留する(staying within a reformed EU) というオプションはもしかするとあり得るかもしれません。(ただし、今のところブレア氏の根拠不明な発言を批判する声が多数)

では、実際の交渉はどれくらい進んだのかというと、先週英国とEUの第2回協議が終了しました。月に1度、1週間の協議を行うことになっています(planning to hold a week of talks on a monthly basis)。次の協議は8月の最終週に予定されており、離脱に伴う清算金(the financial settlement / divorce bill)を優先課題にするとのこと。

以上、Brexitのアップデートでした。
日本やアメリカでの通訳現場でどれくらいBrexitが話題になるのか分かりませんが、ヨーロッパではどんな会議でも必ず出てくるというほど頻繁に話し合われる話題です。英国のEU離脱交渉の成り行きと合わせて、今後EU自体がどのように変革していくかも注目です。

2017年7月24日

第100回 Figures of speech その3 What gets you up in the morning?

皆さん、こんにちは。おかげさまで本コラム連載が100回目(2周年)を迎えました。いつもお読みくださってありがとうございます。連載開始した2年前は欧州で何が話題になっていたのかを振り返ると(参照記事)「ギリシャ問題」でした。そして第3回で取り上げた「aGreekment」はまさにFigures of speechのparonomasia(駄じゃれ)カテゴリーに入る通訳泣かせの表現ですね。

さて今回は100回記念ということとFigures of speechの連載中であることを考慮して、私がふだんから気に入っている表現や引用文を紹介します。

1. What gets you up in the morning?

この質問で何を聞き出そうとしているのでしょう? あなたなら、どう答えますか? 

(んー、何で朝起きるかだから...)
" The alarm on my iPhone"
実家にお住まいの方だと
"My mum keeps calling me until I get up"

などはトンチンカンな答え。
この質問が意図しているところは、「目覚めるときに何を思い浮かべるとさっと起き上がれるか」→「どんなことにやる気やインスピレーションを感じるか?」という意味なので、
I'm motivated by...のように自分が何に熱意を感じるかという回答が期待されています。面接でよく聞かれる質問の一つなので外資系企業の英語面接を受けるという人は答えを用意しておくとよいでしょう。
この表現は、"it is important to make money, but it is not what gets me up in the morning. I am making a difference to ..."と自分のモチベーションや夢、希望を語るときにも使われます。「今日はこれこれをするぞー!」とやる気に満ちている日は朝も起きやすいですよね。そんな気持ちを連想するこの表現(what gets you/me up in the morning)が好きです。
逆の関連表現としては、"what keeps you awake at night"。
「(夜眠れないほどの)悩み事」の意。先日通訳した国際会議でこの表現が連発されました。

2.There is no elevator to success. You have to take the stairs.
アメリカの自己啓発作家が残した名言ですが、これはほぼ直訳でも十分通じますね。「成功へのエレベーターはない。階段を上るしかないのだ」って感じでしょうか。このフレーズは、勉強、スポーツ、仕事など何にでも当てはめることができます。結局「成功したければコツコツ努力をするしかない」ということ。
関連表現としては、
"How do you eat an elephant?"
"One bite at a time"
目の前に大きなタスクがあると、どこから始めたらいいのか分からなくて途方に暮れることが多いものですが、そんなときに思い出すフレーズです。「ゾウのような大きな動物を食べるとしても、一度に一口ずつ食べるしかない」。日本語の「千里の道も一歩から」に匹敵しますね。
古代ギリシャの哲学者、アリストテレスの名言を通訳の現場で訳したことがあります。
We are what we repeatedly do.
Excellence, then, is not an act, but a habit.
訳し方にはいくつかバージョンがあるようですが、結局伝えたいメッセージとしては「繰り返し行うこと・習慣の大切さ」。紀元前という大昔から伝えられてきたメッセージには重みを感じます。やはりここにも「コツコツ精神」がうかがえます。

3.Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young.

最後に私自身がよく引用する名言を紹介します。自動車王と呼ばれるヘンリー・フォード氏が残した言葉です。「20歳だろうが80歳だろうが、学ぶことをやめた者は老人だ。学び続ける者は、みな若い」

先日誕生日を迎え、誕生カードに書かれた年齢を見て落ち込みそうになりましたが、いつまでも学び続け若々しくありたいと願っています。今後も皆様のお役に立てる表現をお届けできれば幸いです。


2017年7月3日


第99回 Figures of speech その2 You may say I'm a dreamer...

皆さん、こんにちは。先週のイギリスは記録的な暑さで南西部の男子生徒が「半ズボン禁止」の校則に抗議してスカートで登校するというニュースが話題を呼びました(Exeter Academy skirt boys won right to wear shorts)。抗議のかいがあって、来年からは半ズボンが認められるそうです。よかったですね。ところで、「半ズボン」を英語で言うとshorts。日本語では「ショートパンツ」ともよく言われますが、少なくともイギリスでは聞かない表現です。

さて前回からFigures of speech(文字通り以外の意味合いを持つ表現)を取り上げていますが、先週のニュースで心が揺らされたFigures of speechがあったので紹介します。

まずは、イギリスの現状を振り返りましょう。第88回でお伝えした通り、3月末に英EU離脱の正式なプロセスが開始されました。その後英メイ首相は突然議会の解散総選挙を発表し世界をあっと言わせました(第91回参照)。その時点では、ジェレミー・コービン率いる最大野党の労働党の支持率が最低で、メイ首相は今ならきっと圧勝(landslide victory)できると信じて議会を解散させたのです。ところが、選挙活動中に発表した保守党のマニフェストが国民の反感を買う一方(第96回参照)、労働党の掲げる半緊縮政策が若者を中心とした国民の支持を得て、選挙は大失敗に終わりました。圧勝どころか過半数の議席も取れず、hung parliament(宙ぶらりんの議会)となっています。北アイルランドの保守政党DUP(民主統一党)と連立政権(coalition government)を樹立させるつもりで交渉を重ねていますが、選挙から2週間以上たった今もまだ話がまとまっていません。選挙で圧勝して、強気姿勢でEU離脱の交渉に臨むというシナリオが見事に崩れてしまいました。
加えて、イギリスではテロ事件が相次いでいます。3月以降、イスラム過激派によるテロが3件も続いた後、今度は白人によるイスラム教徒を狙ったリベンジ・テロも起きました。
さらに公営住宅として使われている高層ビル (tower block/ high-rise) で起きた大火災。それに続く地方自治体や中央政府の対応の悪さへの住民の怒りなど、「これでもか?!」というほど悪いニュースが相次いでいるのがメイ首相率いるイギリスの現状です。

前置きが長くなってすみません。

こんな苦境に置かれているメイ首相が、6月22日にトゥスク欧州理事会議長(EU大統領)と会談をすることになっていました。その数時間前にトゥスク議長がBrexitに関して記者会見でこんな発言をされたのです。

Some of my British friends have even asked me whether Brexit could be reversed, and whether I could imagine an outcome where the UK stays part of the EU.

I told them that in fact the European Union was built on dreams that seemed impossible to achieve.

So, who knows? You may say I'm a dreamer, but I am not the only one.

最後のフレーズ、聞き覚えがありませんか? ジョン・レノンのイマジンの一節です。イマジンは、40年以上も前に世界中で大ヒットした曲で、国家や宗教によって起きる対立や憎悪を無意味なものとし、人類の平和を願った歌。この時代に、この状況で、その歌からの引用を利用して、「(リスボン条約第50条は発動してしまった、本来なら取返しがつかないところだけれども)イギリスがEUに残ることにするなら両手を広げて迎えてあげるよ」とも受け取れるこの表現に私の心は揺さぶられました。私がメイ首相だったら、きっと「ごめんなさ~い!」と言ってトゥスク議長の胸に飛び込んだことでしょう。

しかしながら、Maybot(MayとRobotをかけた造語。「ロボットのように決まり文句を繰り返すメイ」の意)という言葉まで生んだメイ首相は予定通りEU離脱の交渉を進めています。

メイ首相の心はぶれなかったけれども、ジョン・レノンの歌詞を引用したトゥスク議長の熱いメッセージはあまりにも印象深く、先週「時事問題をしばらくやめる」と言ったばかりですが、前言撤回してこのような内容をお届けしました。これも絶妙な引用というFigures of speechのパワーです。

2017年6月26日

第98回 Figures of speech その1

皆さん、こんにちは。珍しく30度前後という夏日が続いているイギリスからお届けしています。日本と違って夏日は1年で数えるほどなので、家には扇風機すらありません。冷たい飲み物でおなかをちゃぷちゃぷ言わせながら、執筆しております。

さて、本コラムのトピックですが、最近のイギリスからはあまりいいニュースがないので、時事問題をやめてしばらくFigures of Speechを取り上げたいと思います。

まずFigures of Speechの意味ですが、一般的には「修辞的表現法」「言葉のあや」「比喩的表現」などと訳されますが、通訳・翻訳者の立場から説明すると「文字通り以外の意味を持つ表現すべて」と言えるでしょう。その中には、「慣用句」「イディオム」「ことわざ」「格言」「比喩(直喩・隠喩)」などが含まれます。通訳者としては、このような表現が出たときに話者の意図することをさっと理解してうまく訳出しできるかどうかで実力が発揮されます。ドヤ顔にならずに(!)さらっと訳せればいいけど、うまく訳せないときはメモに残し次に出たときはちゃんと訳せるように調べておくといいですね。また、いつ、何が出てくるか分からないので、ふだんから少しずつストックをためておくといいでしょう。

ということで、今回取り上げる表現は 

You get what you paid for.

どんな場面で使われるでしょう? また、どう訳すとよいでしょう?

「払った金額のモノが手に入る」、つまり「安いものには高いクオリティを期待するな」→「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」で覚えている人も多いかと思います。ただし、これだけでは落とし穴があります。You get what you paid for.は安物の話だけではなく、高い物を買うときにも使われるからです。「これは高かったから高品質なんだ」という意味で使われることもあるので、対象となっている物が高いか安いのかを判断すると適訳が見つかるかと思います。

ちなみに Penny wise and pound foolish もよく「安物買いの銭失い」と訳されますが、こちらは、「細かい所だけ見て大局的な視点に欠けている」というような意味でも使われます。
例:Education budget cuts are penny wise and pound foolish - public education is an investment in our future.(教育費の予算カットというのは近視的な対策だ。学校教育というのは将来への投資だから)

皆さんは、通訳の現場でFigures of speechが出て困った体験はありませんか。もしよかったら体験談をhi-career@ten-nine.co.jpまでお寄せください。(そういえば、第96回で取り上げたPPKもその一つですね。)


2017年6月19日


第97回 今さらながら「フィンテック」とは?

皆さん、こんにちは。数年前から急に見聞きするようになった「フィンテック」。既にこの分野のお仕事を経験済みの方も多い一方で、この言葉にモヤモヤ感を抱いている人も多いのではないでしょうか。というわけで、今回はその「フィンテック」を取り上げます。

まずは「フィンテック」という言葉そのものですが、finance(ファイナンス)とtechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、英語でもfintech(FinTechと大文字表記もあり)。
定義はOxfordによると、Computer programs and other technology used to support or enable banking and financial servicesで、起源は21世紀の初めとのこと。
一方、Wikipediaを見ると、an industry composed of companies that use new technology and innovation with available resources in order to compete in the marketplace of traditional financial institutions and intermediaries in the delivery of financial services. Financial technology companies consist of both startups and established financial and technology companies trying to replace or enhance the usage of financial services of incumbent companies.という冒頭の説明の後、Definitionの項目にはThere is no consensus on the definition...とあります。やはり、定義の仕方は様々のようです。

いずれにしても、「金融とIT分野が一つになって提供しているサービス」で、テクノロジーのことを指す場合もあれば、業界・企業を指す場合もあると言えそうです。アメリカをはじめとする英語圏では10年以上前から使われている言葉ですが、日本語で見かけるようになったのはまだ数年前ですね。


具体的には以下が挙げられます。

・モバイル決済(digital wallets): アップル社のApple PayやGoogle社のGoogle Walletなどスマホでの支払い機能。日本では「おサイフケータイ」が10年以上前から使われていて特に新しい機能という感じはしないかもしれません。

・ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending, P2P lending, social lending):お金を「借りたい人」と「貸したい(投資したい)人」をネット上で結びつけるサービス。借り手も貸しても従来の銀行より有利な金利で貸し借りできるのが魅力。ただし、貸倒リスク(元本は保証されていない)があるので、要注意。

・仮想通貨(virtual currency):最近急騰したビットコイン(Bitcoin)が代表例ですが、国を超えて電子取引に使われる暗号通貨(crypto currency)と、ゲーム内などでのみ利用可能なバーチャルマネーがあります。

この分野の話でよく話題に出るのはFinancial inclusion(金融包摂)です。これは世界銀行の定義によると
individuals and businesses have access to useful and affordable financial products and services that meet their needs - transactions, payments, savings, credit and insurance - delivered in a responsible and sustainable way.

日本やイギリスのような先進国だけを見ているとピンとこない概念ですが、グローバルな視点で見ると、実は銀行口座がない、正規の銀行での預金・送金、保険などのサービスを受けられない人々がたくさんいます(なんと成人20億人も!)。このような金融サービスから排除されている人々 (those excluded from the financial system) が携帯電話を活用して金融にアクセスできるようにする取り組みがインドなどの発展途上国で促進されています。


今後の課題としては以下が考えられます。

・データセキュリティ(Data security):つい最近も世界規模でのサイバー攻撃(cyber attack)があったばかりですが、外からの攻撃だけでなく、内部からのデータ漏洩も防がなければなりません。

・規制(regulation):上記のモバイル決済では既存の銀行と提携して規制下で運営されている一方、ソーシャルレンディングや仮想通貨は規制の及ばない分野で運営されています。今後、それら分野でも規制が必要だとの声が高まっています。

・従来の銀行の生き残り(survival of traditional banks):銀行業界に限ったことではありませんが、破壊的イノベーション(disruptive innovation)に既存の業界がどう立ち向かっていくのでしょうか。

以上、フィンテックについて取り上げました。今後ますます成長していく分野ですので、基本の理解にお役に立てば幸いです。

イギリスでは数年前からApple Payが使えるようになり、私もときどき使っています。お財布を忘れて出かけてもスマホさえあれば電車にも乗れるし、食事もできて慌てずにすむので助かっています。


2017年6月5日



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!