HOME > 通訳 > 忙しい人のためのビジネス英語道場

第25回 コツコツ勉強できないあなたに

お久しぶりです。原稿を書かなければと思いつつも、目の前の仕事をこなすうちに今まで原稿が書けず来てしまいました。計画性がある方は仕事の量の増減に影響されず、きちんと原稿を出していくのだと思います。皆さんは計画性があり、コツコツと計画を進めていけますか?

通訳にしろ、英語の勉強にしろ、一般的にはコツコツと努力する傾向の強い女性の方が向いていると言われていますし、通訳業界において女性が圧倒的に多いというのも語学学習の適性を考えると納得できます。ただ私のようにコツコツ型でなくても語学を生業としているというのは、必ずしもコツコツ型だけが語学をものにするわけではないことを示しています。

コツコツ型でないとすれば、どういう性格や特性が計画性のなさを補ってくれるのでしょうか?これまでの学生生活を振り返ってみて、英語だけでなくどの教科も共通して、細かい計画を立てて勉強するタイプではありませんでした。夏休みの宿題も夏休み終わってから一気に片づけるような学生でした。

高校大学では、あまり興味のない教科に関しては、試験前に友達のノートをコピーしまくって、試験直前に一気に覚えて乗り切っていました。他の人が数か月かけて勉強したことを1週間ほどで理解しようとするわけですから、無駄な勉強は許されないわけです。試験をクリアするという大きな目標があって、そこに最短で行くためにどうすればいいのかを限られた時間の中で考え抜き、優先順位を決めて、それを一心不乱にこなしていくのです。

毎日コツコツやっていたら、そんなこと考える必要はないわけですが、ぎりぎりまで手を付けずにきてしまったがために、"今、この瞬間に何をすればいいのか?"を考え、実行するやり方が染みついてしまったようです。フリーランスの通訳としては、この集中と選択的なアプローチは非常に役に立っています。

仕事の資料や情報が自分の望むようなタイミングではなく、前日に何百ページの資料が来ることも珍しくないため、コツコツアプローチでは対応できなくなってしまいます。ゴール(明日の仕事)をイメージし、今何をすべきか、どこまでできるのかを判断し、それに向かって一気に進んでいきます。

もし皆さんがコツコツ型で、それで着実に力が付いているのであれば、そのまま進めてください。その方が当然負荷も少なく、より安定した力をつけることができます。ただ毎日コツコツがどうしてもできない方、心配も後悔も不要です。コツコツ型でなくても語学はものにできます。
ただコツコツ型の人がゆっくりと時間をかけて進めてきたものを、その何分の1または何十分の1の時間で、同じまたはそれ以上の効果を上げるとなるとかなりの集中力が必要です。

集中力を上げていくやり方は人それぞれ違うと思いますが、私の場合は"緊急性"を利用することで集中力を生み出しています。例えば、夜の10時から、100ページの資料を明日の仕事のために読んで準備するというように時間という制約があるので、この緊急性を使ってやらざるを得ないという状況を使って集中します。もしできなければ、明日の通訳で自分がどうなるのかわかっているので、集中できるわけです。

緊急性というのは時間的に余裕があり、できようができまいが結果が同じという状況では生まれません。英語の勉強にもこのやり方を使えるのではないでしょうか。コツコツ続けられないのであれば、自分なりの救急性をあえて生み出し、自分を追い込んで勉強していくのです。

緊急性のわかりやすい例としては、テストを受けるとか昇進がかかっている状況がありますが、日々の勉強にとっての緊急性としてはスパンが長すぎます。できたら1週間分の勉強量を半日~1日でやってしまうくらいがいいと思います。もしできなかったら晩御飯を友達におごるとか、普段自分がやりたくない家事をこれから1週間やると家族に宣言するとか、自分が好きなものを1週間我慢するとか、自分がどうしてもやりたくないことで緊急性を生み出して、何が何でもやるというモチベーションにしてみるのもいいと思います。

もっとポジティブに自分へのご褒美をモチベーションにしてというやり方もあるとは思います。もう少し長期的にテストに合格したらとか昇進したらといったものに対してであれば、自分へのご褒美はとても有効だと思いますが、短期的に緊急性を生み出すにはあまり適していないと思います。どうしても今やらないといけないモチベーションとしては、欲しいものではなく欲しくないものの方が強く作用するからです。

このやり方をずっと続けていくのは精神衛生上良くないかもしれませんが、1週間で予定したものを半日~1日でできるという成功体験ができれば、それ以降の勉強の質は確実に上がりますし、その方の学習生産性も大きく向上します。

やろうと思っていながら、なかなか実行できないという負のスパイラスから抜け出す意味でも一度試してみてはいかがでしょうか?

 


第24回 1000回繰り返すことで得られるものとは?

 皆さんこんにちは。
 突然ですが、皆さんの家に何冊英語のテキストがありますか?そのうち最後まで使ったものは何冊ありますか?さらにその中で最後まで2回以上使った本は何冊ありますか?

 仕事柄、今売れている本、注目されている本があれば、とりあえず買ってチェックしたり、教材を作る時の参考に買うこともあるので、相当数の英語のテキストが自宅やオフィスにあります。またこれまで買ったテキスト類を数えたとしたら何百のレベルは優に超えていると思います。学校で買わされたテキストを除いて、自分で選んで買ったものの中で、最後まで使ったもの、2回以上使ったものをふるいにかけていくと、その数はどんどん小さくなっていきます。

 皆さんはどうでしょうか?これまでを思い返してみると、繰り返し使ったテキストや教材は案外ないという方は少なくないと思います。テキストや教材との相性も確かにありますので、買ったら絶対に最後までやらないといけないとは思いませんし、試験対策本やテスト形式のテキストや教材の場合は、答えを覚えてしまうとあまり繰り返すメリットはないというようなケースもあるでしょう。

 今のような情報社会では、英語の勉強方法の流行り廃りも早いですし、口コミも氾濫していて、他の教材の方がいいのではと思わせるような広告も毎日のように目にするので、教材を絞り込み、それを続けることは至難の業と言えるかもしれません。

 これまで私が使ったテキストや教材の中で、唯一3年間毎日使い続けた本があります。もうとっくに絶版になっている本で、当時ですら書店で見たことがない本でしたの。私が中三の頃から通い始めた近所の塾の高等部のコースに高校入学とともにスライドし、その時にその本をもらいました。本の名前も、筆者も覚えていないのですが、そこには1200の英語の例文とその日本語訳が反対のページにある、とてもシンプルな構成でした。今の本のような多色刷りでもなく、解説もかわいいキャラクターも全くありません。

 その本を使って教えていた塾長も、この例文は文語で今は使われませんと注釈を入れないといけない例文もあちこちにあり、今教える立場で客観的に評価すると、自分が教えるのには絶対に選ばない本だと思います。25年ほど前ではありましたが、もっと学生受けしそうな本はたくさんありましたが、塾長はなぜかこの本にこだわり、この本の中の例文を3年間かけてひたすら覚えるという課題を生徒に課しました。

 例文が内容に合わせて分類もされていないため、脈絡のない形で文章がつらつらと並んでいるだけでした。それを塾長が細かく分類し、例えば例文1と23、45、209,451、786,907,1048が依頼の表現というグループだとしたら、それぞれの番号の横に手書きで他の類似番号を書いていきました。最初は写経のように、ひたすら家で英文を書き写しながら、音読を繰り返しました。授業では日本語訳を言われたら、英語の文章を口頭で出すという練習(クイックレスポンス)をし、1文ごとに出せるようになったら、今度はグループ全部の英文をすべて日本語訳なしで諳んじられるように練習しました。ここまで来ると百人一首の上の句を言われて、下の句を全て言うような感じですが、その数が12倍の1200の例文、しかもグループごとの組み合わせも覚えないといけないので、ある意味百人一首以上の難しさがあったのかもしれません。

 高校3年間毎日このテキストを持ち歩き、ひたすら例文とグループの組み合わせを覚えた結果、構文力、文法力の大きな基礎となり、大学受験はもとより、海外で英語を吸収する上での下地にもなりました。25年経った今でも、通訳をするときの支えになっていると感じることがあります。

 現代はいろいろなものが使い捨てされ、常により良いものを求めることが全てにおいて当たり前になっていますが、お世辞にも素晴らしいコンテンツ・レイアウトとは言えないテキストを3年間使い込んだ結果得られた成果は、優れたコンテンツを一度終える場合の成果よりもはるかに大きなものだったと感じています。

 よくどのテキストがいいですか?とかどの英字新聞・雑誌がお勧めですか?という質問を受けます。英語教材の広告的には、これまでとは全く違う、これまでにない効果が得られるというような宣伝文句が常套ですが、コンテンツの優劣の差はどんどん小さくなってきていると思います。もちろん中にはあれ??というようなテキストが堂々と売られていることもありますが。

 大事なのは、何を使って勉強するかではなく、どのように、そしてどれだけテキストが提供できるエッセンスを搾り取れるかが今の情報過多の時代には必要な気がします。The less the moreの精神が英語学習にも求められているのではないでしょうか。1回、2回ではなく100回、1000回繰り返すことでしか得られないものが必ずあると思います。


第23回 翻訳勉強法

 皆さんこんにちは。ゴールデン・ウィークはいかがでしたか?今年は天気も良かったので、遠出した方も多かったのではないでしょうか。私は残念ながら通訳と翻訳の仕事にかかりっきりで、仕事の合間にちょっと出かけるだけで終わってしまいました。普段やらない翻訳でしたが、やってみると英語の勉強にも活用できる部分があると思いましたので、今日は、翻訳をどうやって勉強に活かせるのか考えてみたいと思います。

 仕事として翻訳をしたことはなくても、英語から日本語にするというのは、学生時代の英文和訳問題を含めると誰でも一度はやったことがある作業だと思います。翻訳と英文和訳の違いは、仕上がった日本語の質にあります。前者は元の英語が想像できるような日本語ではなく、出来る限り日本語としていかに自然かを追求します。後者は日本語の自然さはさほど追求されず、いかに正確に英語を理解できたかを日本語の中に盛り込むことが重要になりますので、直訳調になることが多くあります。

 ここで翻訳というプロセスを3つに分けてみましょう。
① 原文(英語)を読み、内容を理解する
② 辞書やネットを使って訳語を探し、日本語にする(ほぼ直訳)
③ 日本語を読み直し、日本語の文章としてできる限り自然なものにする

 社内用資料のように日本語の美しさよりもスピードが求められるものに関しては、ある程度直訳調になったり、訳語が思いつかなければカタカナにしたり、場合によっては英語のまま残したりしても、意味さえ正しく通じればいいというケースも少なくありません。

 今回納品した翻訳のように、印刷に回わり冊子になるようなケースの場合は、③のプロセスが納品物の質を左右しますし、実際この③のプロセスに一番時間がかかりました。この段階まで来ると、英語力ではなく日本語力の問題になります。自分が考えうる日本語を絞り出し訳していくことで、英語らしさが抜けていきます。通常はここで作業終了なのですが、時間をかけて訳したものを活用しない手はありません。

 授業でよくやるのですが、自分で丁寧に訳した日本語を今度は英語に戻してみると、英語のアウトプットの練習にとても有効です。翻訳したばかりよりは、原文の英語を少し忘れてしまったくらいのタイミングだとより効果があります。原文の英語らしさを排除した日本語なので、すぐに英語が出てこないかもしれません。しかし元々自分が訳した文章なので、頭の片隅に残っている原文の英語が口をついて出てくることに驚くかもしれません。

 もちろん原文の英語でないといけない訳ではありませんので、自分の持っている語彙や表現を使っても構いません。ここでの学習ポイントは日本語を見ながら、声をだして英語にし、それを録音していくことです。日本語の内容を誰かに伝えるつもりで英語にしてみてください。録音したものを聞きながら、原文の英語と突き合わせてみることで、自分の英語がどの程度通じるかわかると思います。

 日本語→英語の練習(スピーキングやライティング)の場合、初見でやろうとするとなかなか英語が出て来なかったり、折角英語にしても模範解答がない、またはあったとしても自分の考えた英語とは全く違っていたりする場合がほとんどだと思います。その点自分で訳したものであれば、ある程度原文の英語は覚えているので、模範解答(原文の英語)と全く違う英語が出てくることも少ないですし、何よりも自分が訳した日本語を英語にしているので、英語の模範解答を見た時も違和感なく受け入れられるはずです。

 英語から日本語に翻訳をする作業そのものから英語の理解力を高めるという効果がありますが、自分で訳した日本語を英語に戻すことで、英語の発話力を高めることもできます。日本語を英語にする練習教材で、自分に合ったものを探すのはかなり大変です。難易度もそうですが、自分のレベルに合った模範解答の教材はなかなかあるものではありませんので、英語の発話力、語彙、表現力を伸ばしたい方にはお勧めです。


第22回 あなたはどのタイプですか?

 皆さん、こんにちは。ビジネス英語の勉強は進んでいますか?予定通り、納得いく形で成果を実感できている人は今のやり方を続けて頂ければいいのですが、今回はいわゆる「伸び悩んでいる」人について考えていきたいと思います。明らかに勉強していない人は論外ですが、一見勉強しているように見えるのになかなか伸びない人は案外たくさんいます。これまで英語を20年以上、通訳を10年以上教えてきた経験から、いくつかのパターンに分類することができます。

 (1) あちこち浮気型
 このタイプは英語の勉強の仕方やコツに関する情報収集に相当の時間をかけるタイプで、巷で話題のメソッドや教材をいろいろと試してみるが、きちんと最後までやり遂げたことがほとんどないのが特徴です。このタイプの人は英語や英語の勉強は嫌いではありません。新しい英語の勉強方法への関心が人一倍強く、自分が伸びないのは自分に合った勉強方法や教材に出会っていないからだと考えがちです。英語にかける時間は少なくないので、いろいろな勉強方法を試すのをやめて、コツコツと何かを仕上げることに時間を集中させれば成果を上げることができると思います。

 (2) 相談安心型
 このタイプは真面目な性格の方が多く、講師や周りの人間にとにかく頻繁に相談します。いろいろと考え始めると英語の勉強よりも自分の弱点の分析にかなりの時間をかける割には、具体的にどうするのかは自分で決められません。そのため、講師に時間をかけて相談し、相談したことであたかも問題が解決したかのように、安心してしまいます。英語の勉強に関する自分の問題点の話をするのが好きなのですが、折角相談してアドバイスをもらっても、成果が出るまで勉強し続けることが苦手です。このタイプの人も自分の問題点の相談にあまり時間をかけずに、英語の勉強そのものにもっと時間を割くようにすべきだと思います。

 (3) 偏食型
 英語の勉強を細分化し、その中で自分の好きな勉強にだけ時間をかけ、それ以外はほぼ何もしないタイプです。好きな勉強というのは、往々にして自分が得意な分野に関するものが多いため、本来の自分の弱点強化にはつながりません。リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング力のバランスが悪いのが特徴です。例えば発音はきれいだが、ライティングが弱いとか、かなり細かい文法知識があるがスピーキング力が低い。音の聞き取りはできてもリーディングの理解が不安定等いろいろなケースがあります。自分がやりたい勉強ではなく、自分が今一番やらないといけない勉強は何かを見極めて、そこに一番時間を使うようにしてください。

 (4) 思い込み愚直型
 このタイプも(2)同様、真面目で几帳面な人が多く、勉強の質や効率よりも形式にこだわるタイプです。例えば、調べたことを几帳面にノートに決まった形式で書き出すことに時間をかけたり、単語を覚える前には全て単語の発音記号や例文を調べたりというように、決めた形式に従って、勉強を進めていくことに達成感を感じるタイプです。いったん決めた方法にできるだけ忠実に従おうとするあまり、一つ一つの作業に非常に時間がかかります。全て同じやり方で進めないといけないと思い込まずに、その時の勉強の目的を明確にし、それを達成するために最低限何をすればいいのかを明確にし、臨機応変に勉強方法を変える必要があります。

 (5) アバウト型
 (4)と対照的なタイプで、多くのことにおいて詰めが甘く、"大体わかる"または"何となくできる"ことが基準になっているため、自分ができないところができるようになるまで課題を潰す努力はあまりしません。その結果同じような間違いを繰り返し、今のレベルからなかなか上達しません。趣味で英会話をするというのであれば全く問題ありませんが、ビジネス英語スキルを上げていきたいのであれば、何ができなくて、どうすればいいのかを意識し、それを実行していく必要があります。

 人によっては(1)~(5)の複合型の場合もありますが、伸び悩んでいる方の多くが上記のどれかに当てはまります。共通の解決方法としては、今の自分に必要なスキルは何か、そのスキルを得るために何をすればいいのかを常に意識することが重要です。英語に時間を割いている割には伸び悩んでいると感じている方、勉強時間を増やすだけはなく、勉強の質を上げるためにも自分がどのタイプに当てはまるのかを考えてみてください。


第21回 集中してますか?

 先週、同時通訳者の集中の秘訣というテーマを与えられ、金曜日にNHKの教育番組の取材を受けてきました。集中の秘訣というテーマには、集中するためのテクニック的なものがあるという前提で、それを聞き出し、中学生、高校生の勉強のヒントにしたいという狙いがありました。

 確かに同通をしているときは集中しているし、集中力を維持するために15分~20分交代で通訳をしているわけですが、何らかのテクニックを使って集中状態に入るわけではありません。正確に言うと、集中していないと同時通訳はできないという方が正しいと思います。

 何も準備なしで同通することもありますが、通常は事前の資料をベースに自分なりに調べて、スピーカーがどういう話をするかを考えたり、これまで行った講演の動画を見て音声的な特徴をつかんだりします。場合によっては、そのスピーカーのこれまでの発言等もチェックし、どういう考え方を持った人なのかも確認します。

 こういった準備を通して、その人になるための準備をしていくのです。仕事の当日スピーカーに会うことができれば、そこで最終的な情報収集をし、本番に臨みます。実際に同通をしているときには、できるだけその人になりきることに集中し、発言の度にどういう意味なのかを分析し、次にどういう話をするのかを先読みしていきます。その15分の間、基本的には「自分」をできる限り消すようにしていきます。その結果、集中した状態になっているような気がします。スピーカーとうまく同期できれば、自分の思ったように話が進み、乗り移ったように言葉がでてくること(めったにありませんが)もあります。

 通訳でない人がここまで集中して話を聞く必要があるのか議論が分かれるところではありますが、スピーカーになりきることで得られることは少なくありません。英語のリスニングの勉強は「音」を聞くという部分に焦点が当てられ、音が聞き取れ、理解できるかどうかに終始しがちです。しかしスピーカーと同化し、発言の意図を瞬時に理解しつつ、その一歩先を読む力が付けば、余裕をもって人の話を理解できるようになります。

 スピーカーと同化するというのはそうそうできることではありません。まずその人に興味を持ち、時間をかけてリサーチをする必要があります。ただもし自分が興味のあるスピーカーやアーティストがいたら、その人に関する情報や発言を英語で調べ、その人なりや考え方を理解していきます。自分の好きな人に関するリサーチなので、英語の勉強をしているという感覚(やらされ感)はないはずです。この段階で、リーディング力、語彙力、何よりもリサーチ力がアップしています。

 この準備をした後、 (より集中するために)にヘッドフォンを使ってその人のスピーチを聞いてみてください。その時に「音」を聞くのではなく、その人が伝えたい「メッセージ」に耳を傾け、その人にできるだけなりきるようにしてみてください。そしてその人が次に何を言いたいのかを予想してみるといいと思います。

 同じスピーチを何度もなりきって聞いていくうちに、その人の話し方そのものが自分のものになってきますし、スピーチの上手なスピーカーであれば、イントネーションや間の取り方もうまくなるはずです。

 本来リスニング力を上げるというのは音の聞き分けではなく、その人の伝えたいメッセージを理解するためですが、リスニングの勉強が「音」のレベルで止まっているケースが多く、発音練習やシャドーイングといった練習に終始しがちです。好きな人になりきることで、自分の英語力を多面的に強化できると思いますので、普段の「音」の勉強に取り入れてみてください。



2 3 4 5 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
大阪大学卒業後、オーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律を中心としたビジネス通訳として商談、セミナー等幅広い分野で活躍中。一方、予備校、通訳学校、大学でビジネス英語や通訳を20年以上教えてきのキャリアを持つ。2006 年にAccent on Communicationを設立し、通訳訓練法を使ったビジネス英語講座、TOEIC講座、通訳者養成講座を提供している。