HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第59回 話せない理由&話せるようになる必須条件!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
アベノミクスのおかげでかなり通訳業界の景気も良くなり、上期業務に忙殺されてなかなかブログを更新できずすみませんでした。

前回は語順を変えるだけで説得力が増すという話をしてきました。
今回は最近痛感している「話せるようになるために必要な要素」を明確にお話したいと思います。

皆さんは、「英語を勉強する!」「英語をやろう!」と決めた時にまずどうしますか?
だいたい参考書を買って、読む。単語を覚える。

座学をされる方がほとんどのようですが、英会話を上達させるための絶対的なコツは座学だけでは絶対できません。

例えば、水泳の本を読むだけで泳げるようになるのか?
もしできた人がいたら是非連絡いただきたいのですが、ほぼ無理ですよね。

英会話も本を読む、問題集を解く、暗記する、これだけでは上達しません。

では何が必要なのでしょうか?

それは水泳では実際にプールや海で泳ぐ必要があるのと同じように、英語も勉強したらば、実際に使う必要があるのです。

使うというのは、実際に会話を誰かとしてみるというのが一番の理想です。
東日本大震災以降激減していた観光客も2020年の東京オリンピックが決まってから、うなぎ上りで増えています。

もうこの話しの続きが読めましたでしょうか?

町中でガイドブックを手に迷っている人がいたら、是非、声をかけて助けてあげてみませんか?私自身も今でも、時間が許し、手伝ってあげた方が良い時には必ず「May I help you?」と声をかけて、電車の乗り方、切符の買い方、メニューの説明をしています。

そこからフェースブックで繋がったり、メールをやり取りするようにもなった人も居ますので、是非、皆様もやってみてください。

詳しい話しかけ方などは新刊に詳しくのせていますので、是非、ご覧下さい。
http://www.amazon.co.jp/dp/4046002921

いや、それはやっぱり私には勇気ないしできないし、ちょっとその前に準備したい、練習したいという方には朗報です。

8月3日に英語コンベンションを6名の英語学習本ベストセラー作家とNHK講師と企画しております。

こちらは今日お話した話せるようになるポイントに加えて、ふつふつと自分の内側からこみ上がるようになるやる気のあげ方、TOEICのスコアをあげつつ、英語実践力もあげるやり方、自分が毎日できる英語学習のヒントと道具を伝えて、かつ、全てを実際にエクササイズとして実践するところまで私たちが直伝していきますから、これは絶対にオススメのイベントです。

英語勉強してきたのに成果が出てなくて諦めたくなっている方、これから英語勉強するけれども、間違ってスタートしたくない方は是非、参加ください。もちろん英語を指導している方も去年に引き続き参加大歓迎です。
申し込みは小熊のホームページからどうぞ。
http://ogumayayoi.com/

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第58回 説得力upのコツは順序だった!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

前回は場にあわせて英語を使い分けるコツについてお話しました。

今日お話したいのは説得力のある話し方です。

日本語をそのまま英語に直して通訳しただけでは、交渉が成立しないことは通訳であれば経験したことがあると思います。

この原因は日本が「阿吽の呼吸」や「以心伝心」と言った言葉があるように、同質性が高い文化だからこそ、論理的な説得よりも感情に訴える説得で成り立つことが多いからかもしれません。

こういうところは学者の方が、研究されているところだと思いますので、私の考察は控えさせていただきますが、実際、どうしたらもっと交渉力をアップすることができるのか、もっと相手を引きつけるプレゼンができるのか、もっと説得力をもたらすことができるのか、そのコツをお伝えします。

まず日本語的な発想での思考というのは、例えば朝遅刻したとしましょう。
その時の言い訳はどんな風に伝えますか?

「今日は朝起きた時に目覚まし時計の電池が切れていたので、それで電車に乗り遅れてしまって、遅刻しました。」

これで問題ないのが日本語ですよね。

しかし、英語にすると...
When I woke up, I found that the alarm clock ran out of the batteries. Then I missed my train and I am late.
「遅刻しましたI am late」と言われるまで、何の話をしているのかわからない、聞く価値がないと思われてしまう可能性もあります。

そこで逆にすると良い説得力をますことができるのです。
簡単ですね。

要は、日本語で、「遅刻しました。すみません。今日は電車に乗り遅れたのです、その理由は、目覚まし時計の電池が切れていたからです。」
とすることです。

I am sorry that I am late. I missed my train because my alarm clock ran out of the batteries.

この順序にすることで、目覚まし時計の電池が切れたことは遅刻の理由ということで、相手もその事実の位置づけを理解して聞くことができるのです。

今日の例は短いですから、そんなに違いを感じないかもしれません。
しかし、現場でも(しかも一流企業の優秀な方でも)実際にあるのですが、これが、長いビジネスの問題に関する内容であれば、背景から始めてしまったら、"What's your point?"何が言いたいのと詰め寄られても仕方がないのです。

ある時、私はこれは同質性の高い日本人だからと思いましたが、米国企業の研修でもまさにこの内容を伝えていたので、そういう意味では、時間が常に不足するビジネスの世界の常識ととらえても良いのかもしれません。

これを身につける方法は、一度頭の中で最後まで組み立てて、そして、自分の結論から話しだすということです。その次のステップとして、何について話すのかを先に言ってしまい、その後に説明をつけていくという習慣をつけることです。

ちょっとしたことですが、英語だけでなく日本語でも説得力が増すこと間違いなしです。ただ、友達に対してもこういう会話をしてロボットのようだとか言われたこともありますから、場に合わせて使い分けるようにしましょう。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第57回 英語の格に応じた勉強法!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

もうご存知の方も多いかもしれませんが、8月30日に3冊目である新刊が発売となりました。
私が20年近くで踏んだ5000以上の通訳現場での経験から、厳選した絶対押さえるべきビジネスフレーズ643を脳にやきつくようなストーリーを使って教えていくという、これまでにないビジネス英語読本です。
これが下記のアルクのサイトからなんと3冊プレゼントされます。
英語プレゼン習得のコツも伝えてますので、そちらも参考にしてください。
http://eng.alc.co.jp/gogaku/2013/09/ogumayayoi-01.html

ここから本題に戻りますが、前回まででプレゼンテーションする時のコツについて話してきました。

今日お話したいのは、場にあわせて英語を使い分けるということです。

社内通訳をしていた頃は、意図が伝わればよしとされていたので、カジュアルな英語でも、固い英語でもそんなに気にすることはなかったのですが、フリーになっていろんな場面で仕事をさせてもらうようになって感じたのが、英語の格を合わせる重要性です。

ということで、今回は格合わせのコツをお伝えします。

まずより口語的な表現から考えていくと、当然make, have, get, do, takeが出てきますね。

こうした一番基本の動詞で下記のような表現が可能でしょう。
We will make a plan.(弊社が計画を立てます。)
We will have a meeting tomorrow.(明日は会議をしましょう。)
We will get the product.(その製品はうちが入手します。)
We will do the testing.(我々が試験します。)
We will take care of it.(それをやっておきます。)

これをもう少し会話で動きが出るような表現にしようとする時にはイディオムが良いですね。

We will put together a plan. (一つの計画にまとめあげる。)
We will sit down for a meeting tomorrow.(座って会議をしましょう。)
We will come by the product. (その製品はうちが手に入れます。)
We will carry out the testing.(試験を実行します。)

では、もう少しかしこまった場だとしたら、どうしたら良いと思いますか?
そういう時に使えるのが受験英語でもやったかもしれませんが、いわゆるBig wordです。

We will formulate a plan.
We will hold a meeting.
We will procure the product.
We will execute the testing.

気づいたかもしれませんが、実は、Big wordを使うとすっきりしますから、時間の制約の多い同時通訳でも活躍します。

ということで、自分のこれまでの経験や目標でも勉強ルートは変わります。
受験勉強が得意だけど、話せないと感じてる方は、まずは一番固い表現から始めて、より口語的な表現を学ぶといいでしょう。

学び方は、映画やドラマをみて、簡単な英語が使われる場を知っていく。そして自分が書いたメールを読み直す、プレゼンを録画して見直しましょう。そして、もう少し簡単だけれどもっと自然な表現がないかを探しましょう。

私のように受験勉強はしてない、または不得意だったという方は、簡単な表現から、イディオム、そして固い表現と身につけましょう。

学び方は自分の言いたいことを、自分の知ってる英語表現でまずは言えるようにしましょう。その後に、その表現をイディオムで言い換えできるかをグーグルで検索して学びましょう。最後に固い表現は類義語辞典が使えます。

帰国子女や留学を若いときに経験して、ビジネス、その他の畏まった場が不得意と感じる人はBig wordを仕入れましょう。

普通に会話はできていると思いますので、SATやGREやGMATといった大学、大学院レベルの単語問題集を解いたり、類義語辞典で一つ難しい表現に変えて言い直す、書き直すをしていきましょう。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第56回 プレゼン中の右手は過去、左手は未来!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

8月4日に開催した初英語コンベンションは160名の方にご参加いただき、大好評のうちに終了しました。

他の6名の先生方のすばらしいプレゼンテーションからも沢山学び、同通パフォーマンスもテレビカメラにおさめていただき、今はほっとしています。
ご参加いただいた方々本当にありがとうございました。
来年はさらにパワーアップして開催予定ですので、どうぞお楽しみに。

そして、講談社より新刊が発売となります!!
こちらは私が20年近くで踏んだ5000以上の通訳現場での経験から、厳選した絶対押さえるべきビジネスフレーズ643を脳にやきつくようなストーリーを使って教えていくというこれまでにないビジネス英語読本です。

さらにそのストーリーも海外とのビジネスでよくあるパターンをもとにしていますので、どういう落とし穴を避けたら良いかも学べてしまい、まさにグローバル人材になるための役立つ本にもなっています。

既にアマゾンでは予約受付開始してますので、ビジネス英語を今年こそと思っている方はご予約ください。
http://p.tl/Ecwn


今後も皆様に役に立つ本を企画しておりますので、どうぞお楽しみに。
そして、こういう本があったらいいのにという希望があれば@interpreteryayoまでツイートください。

前回は英語のプレゼンテーションの基本は男性ホルモンの出やすい仁王立ちが基本だとお伝えしました。

さて、今回は手の使い方を考えてみたいと思います。

手はどう動いていたかしらと忘れてしまった方はもう一度下記のリンクから確認くださいね。

Global Audition:
http://talentsearch.ted.com/video/Yayoi-Oguma-Behind-the-scenes-o;TEDTokyo

TEDx東京:
http://www.youtube.com/watch?v=P-ggxpMY9q0&feature=player_embedded

どうぞ間違え探しのように二つのプレゼンの手の違いを書き出してみてください。

どれぐらい違いを見つけられましたか?
皆さんはどちらが効果的だと思いましたか?
そして、どうしてそう思いましたか?

では皆様の分析と私の分析を比較してみましょう。

Global Auditionの時には、手がぶらぶらしていて、その後、耳に手を当てたのは片手で右手です。以降はずっと左手を使って話しています。Allと聴衆全員をさす時に左手を前に出しています。全体としては、動きが明確ではありません。そしてクリッカーを持っている手が左手です。

TEDx東京の時には、Global Auditionの時とは逆にクリッカーを持っているのは右手です。耳に手を当てる時は両手になっています。そして本を読むジェスチャーやメモととるジェスチャーも入っています。最後のstand in their shoes and you will where they are coming fromのところでは右手を前に出して靴をはくジェスチャー、どこから来たのかというを示すように手を動かしています。

皆さんの指摘も同じ内容でしたでしょうか?
この比較するという作業は、微妙な差を違いを見つけるのにとっても重要です。Devils live in detailという英語の表現もありますが、その差が雲泥の結果の差を生むからです。

自分のシャドーイングとオリジナルの英語を比較する時でも、自分の訳語と他の人の訳語を比較する時でも、この違いを聞き分けられる、見分けられるように細かいところにも注意を払えるようになると、自分の良いところ、改善点が明確になり、変に卑屈になることも、逆に自信過剰になることも防ぎかつ、自分をさらに向上させるために必要が学習プログラムもピンポイントで作っていけます。

さぁ、それでは説明していきましょう。

まず右手と左手には異なる役割があります。

その説明をする前に、皆様、時間の線(time line)を書くとしたらば、どう紙に書きますか?

過去Past ---------------------------------------->未来 Future

と、左に過去、右に未来を書きますよね?
これを聴衆の視点から登壇者を見ると、登壇者の右手が過去、そして左手が未来になる。

ですから、ジェスチャーもそれにあわせていくと聴衆側から見た時に理解しやすいということになります。

ですから、過去について触れる時には右手、未来について語るときには左手、を使うと聴衆が直感的に理解しやすいということなのです。

TEDx東京ではクリッカーを持つ手を未来(左手)から過去(右手)に変えています。左手を自由に使えるので、より全体の話が肯定的になりや
すいのです。

ということでここまででプレゼンテーションする時のコツについて話してきました。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第55回 英語スピーチの仁王立ちは常識!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今週末はいよいよ日本初の試み英語コンベンションです。
エアロビクスでは世界のインストラクターが集まってコンベンションを行い、互いのスキルをさらに高め合いつつ、お祭りのように楽しみます。この様子を見た時に英語でもこんなことができたらと思って提案したことが発端となり、英語コンベンションを開催することとなりました。

初挑戦ということで何時間も先生方と話し合う中でいろんなスピーキングに関する気づきがありましたのでまた皆様にも共有したいと思いますのでお楽しみに。

さて、前回は、英語でのプレゼンテーションでの聴衆への褒め言葉は、例外はあるものの話している自分への評価に投影される効果があるということを説明しました。

今回はプレゼンターの姿勢を考えてみたいと思います。

前回改めて、立ち方の違いを見てくださいとお伝えしました。
まだ見られてない方は下記のリンクから確認くださいね。
Global Audition:
http://talentsearch.ted.com/video/Yayoi-Oguma-Behind-the-scenes-o;TEDTokyo

TEDx東京:
http://www.youtube.com/watch?v=P-ggxpMY9q0&feature=player_embedded

Global Auditionの時には、いわゆるコンパニオン立ちです。
女性らしく、足をきれいに見せるならば有効の立ち方です。

それに対して、TEDx東京はいかがでしょうか?
そう、仁王立ちに近いですよね?
全く女性らしくなく、むしろ逆に見えますよね。
実は、これが説得力高めたい時に効果的な立ち方なのです。

Global Auditionの時には聴衆は200名、それに対してTEDx東京の時には400名、聴衆は二倍かつメディアも多いのはTEDx東京でした。

ですから、それだけ説得力をアップする姿勢にする必要があるのです。

ちなみにこの時にTEDx東京で通訳した全米一の美大、ロングアイランドデザイン美術大学学長のジョン・マエダさんは私の立ち方を見て、こう言われました。

「そうあの立ち方は、テストステロン(男性)ホルモンを増やすんだよね」

さすが、一流はプレゼンテーションの極意を当然のように知っているんですね。

さらに調べてみるとストレスホルモンのコルチゾールも増えるのだそうです。
ということで、より自分が強気になれるのです。

これは体(physiology)が心(emotions)に影響を与える事実を利用したテクニックです。
皆さんもどこかで耳にされたことがあるかもしれないですね。

ある大学で、鬱病の人にスキップされたら、鬱になれなくなった。
落ち込んだ時にスキップしてみると確かに落ち込めなくなります。
さすがにスキップまでは恥ずかしくてできなかったとしても、猫背を直して、胸部を太陽にたてるように上に向けて、堂々と立ってみても同じように落ち込みの気持ちが自信に変わって行きます。
是非、やってみてください。

So if you ever want to look or better yet be confident, don't drop your head or slouch. Stand firm and own the stage!
ここぞという時に是非、仁王立ち活用ください。

次回は手の使い方について説明したいと思います。
今後は手の使い方についての違いを確認しておいて、自分なりの説明を考えておいてみてくださいね。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから