HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第153回 「耐える」

take it on the chin(耐える)

It was my fault. I guess I have to take it on the chin for all the criticism.

(私のせいです。批判全部に耐えることが求められるのでしょうね。)

今回ご紹介するtake it on the chinを初めて耳にしたのはCNNで放映された北朝鮮情勢のニュースでした。4月半ばのことです。take it on the chinは略式表現で、「困難かつ不愉快な状況などにじっと耐える」というニュアンスを持ちます。

chinは辞書を引くと「下あご」と出ていますが、具体的には「あご(jaw)」の先端部分です。chinを使った表現は他にもあり、たとえばKeep your chin up!は「頑張れ!」という意味、一方rub one's chinは考え事などをする際の動作で、「あごをなでる」です。また、chinは動詞で用いることができ、バイオリンをあごに当てる際にもchinを使います。

ちなみに「あご」のjawも略式表現では「くどくどしゃべる」という動詞で使えます。noseも動詞なら「ゆっくり動かす」です。cheekはイギリス英語の口語で「目上の者に生意気な口をきく」です。こうして一つの単語をきっかけに、名詞なら動詞を、あるいはその逆をという具合に調べてみるのも、私にとっては楽しい作業です。


第152回 「大したことない」

It's not rocket science (大したことない)

Don't worry. You can do it. It's not rocket science!

(心配しないで。あなたならできるから。大したことないよ!)

rocket scienceは「ロケット科学」のことですが、上記のようにIt's not rocket scienceで「大したことない」という意味になります。It doesn't take a rocket scientist to ... も同様の意味で、It doesn't take a rocket scientist to solve the problem.は「その問題を解くのは大したことでなない」という意味になります。

ちなみにbrain surgery(脳外科手術)も略式表現では「とても難しい作業」という意味です。Just keep on doing. It's not brain surgery.(とにかくやり続けてご覧。難しい作業ではないのだから)といった用例があります。

rocketに話を戻しましょう。rocketは口語表現では「叱責、大目玉」という意味も持ちます。また、「厳しく罰する」という動詞でも使えます。ちなみにThe boy got a rocket from his father after breaking the vase.は「男の子は花瓶を割った後、父親から大目玉をくらった」です。一方、サラダの一種であるrocket saladは「ルッコラ、キバナスズシロ」という意味です。いずれもrocketはフランス語のroquetteから来ています。 


第151回 「途中で放棄する、中途半端でやめる」

drop the ball (途中で放棄する、中途半端でやめる)

Since you wanted to complete your PhD, don't drop the ball now. Otherwise, you would regret it.

(博士号を終えようと思っているなら、途中で放棄してはいけないよ。さもないと後悔するから。)

drop the ballはアメリカで主に使われる略式表現です。「途中で放棄する、中途半端でやめる」の他に、「へまをする」という意味もあります。もとは野球から来たフレーズで、試合中にボールを落としてしまう様子から生まれています。

野球から誕生した表現は他にもあります。ballpark(野球場)を使った表現にはballpark figure (概算)がありますし、ball game(野球)も、This is a different ball game(これはまた話が別だ)といったフレーズも存在します。そういえば日本でも相撲関連の言葉がありますよね。「序の口」や「がちんこ勝負」などがその一例です。

ballは12世紀ごろに誕生した語で、この時期の英語は言語学的に言うと「中英語」です。フランス語でボールはballe、ドイツ語ではBallとなり、英語と似ているのがわかります。ちなみにサッカーの年間最優秀選手に贈られる名誉ある「バロンドール」はBallon d'Or(黄金の球)という綴りで、フランス語です。

辞書の注意書きを見たところ、baseball, basketball, golfballなどは一語ですが、テニスだけはtennis ballと2語になります。こうしたちょっとした注意点も学習者向け辞典の解説ならではですよね。


第150回 「分相応の生活をする」

cut one's coat according to one's cloth (分相応の生活をする)

I wanted to buy an expensive car but I came to a conclusion that I must cut my coat according to my cloth.

(高い車を買いたいと思っていましたが、分相応の生活をしなければならないとの結論に至りました。)

cut one's coat according to one's clothは文字通り訳せば、「自分の布に応じて自分のコートを裁断する」という意味で、「分相応の生活をする」ということです。大修館書店の「ジーニアス英和辞典」によれば、忠告をする際に使われるとあります。他の辞書を引いたところ、主にイギリスで使われる略式表現と出ていました。

「順応して生きるべし」という意味の表現は他にもあります。たとえばWhen in Rome, do as the Romans do.(郷に入っては郷に従え)やStretch your legs according to your coverlet.(掛け布団の長さに合わせて脚を伸ばせ)、Better bend than break.(折れるより曲がった方がまし)などです。日本語でも「長い物には巻かれよ」「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」などがありますよね。いずれも「中庸」を勧めることわざです。

ところで私は今回の執筆にあたり、coatを英和辞典で引き直し、一通り語義を読み直してみました。coatはcoteと同音であることや、他の用例も参考になっています。たとえばa heavy coat(厚手のコート)、a light coat(薄手のコート)なども使いこなしたいところですよね。なお、少し古風な用法としてcoatには「上着、ジャケット」という意味もあり、A coat and tie are required(上着とネクタイをお召しください)との例文も辞書には出ています。こうして「ついでに」調べてみると、改めて発見がありますよね。


第149回 「難しい選択」

tough call (難しい選択)

It was a tough call, but in the end, I chose what I wanted to do.

難しい選択でしたが、最終的にはやりたいことを選びました。)

今回ご紹介するtough callは「難しい選択、困難な決定」という意味です。callは中学校で学ぶ基本単語ですが、辞書を引いてみると実にたくさんの語義があることがわかります。手元にある「ジーニアス英和辞典」(紙版)でcallを引き、読み進めてみると、名詞のかなり下の方に略式表現として「決心、決定」という意味が出ていました。make a call(決定する)、It's your call(それは君が決めることだよ)、It's anybody's call(はっきりしたことを言うのは難しいね)などといった表現があるのですね。tough call自体は主にアメリカでよく使われるようです。

ところでtoughの原義は「折れにくい」という意味です。toughには「難しい」「厳しい」「(肉体的に)頑丈な」などのほかに、「(肉などが)固い」という意味もあります。This steak is too tough(このステーキは固すぎる)という具合です。一方、tough-loveは「愛のむち」、a tough part of town(街の物騒な地区)など、多様な意味があることもわかります。

こうして既知の単語も改めて辞書を引くと色々と発見がありますよね。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 通訳学校で後進の指導にあたるほか、大学の英語学習サポートルームにて英語学習アドバイザーも務める。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。