HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第50回 「ステディーセラー」

拙著『リアルな日常表現が話せる! 韓国語フレーズブック』の増版のお知らせを出版社さんより頂戴しました。韓国語学習書としては堅調な3万部以上が市場に出ているそうです。お手に取ってくださっている皆さん、どうもありがとうございます。

いつの間にか、Amazonのコメントも10件頂いていて、読者の方の生の声をありがたく拝見しています。(CD2枚のところ1枚しか入っていなかった、とコメントされた方がいますが、是非出版社に連絡して頂きたいです!)

増版の報告を共著の先生にしたところ、

스테디 셀러가 되었네요.」
(ステディ セrロガ テオンネヨ/ステディーセラーになりましたね)

とのコメント。やりとりから日本語の「ロングセラー」のことだと分かりましたが、韓国語ではそう言うのですね!

「ステディ」というと......。一昔前は、彼氏、彼女の意味だったと思いますが、なんとなく死語の香りが(笑)。いまはおそらく使いません......よね。ただ、彼氏、彼女というよりは、「決まった人」というようなニュアンスがあったような気がします。

ここで「決まった」というのは、将来を約束しているとか、そういうことではなく、「お互いを彼氏、彼女としっかり認め合っている恋人」という意味でしょうか。

ステディは「steady」と書き、辞書を見ると「固定された、安定した、ぐらつかない」という意味があります。なるほど。「ステディーセラー」は、安定的に、堅調に売れているという意味になるわけですね。

出版は5年前ですが、色あせない活き活きしたフレーズが満載です。2枚のCDには、1つのフレーズに対し、
・韓国語の綴りを頭で思い浮かべながら聞ける「ゆっくりバージョン」
・耳で覚えられ口からそのまま出てくるようつぶやける「ネイティブバージョン」
を続けて聞くことができます。

それで1,500円(+税)は本当にお買い得だと思います(^^)現在、Amazonでは13位のよう。さらに多くの方にお手に取って頂けると嬉しいです!


第49回 「秘法→極意、に満足」

先週お知らせした、当校が翻訳を手がけた『TOEIC L&R TEST 「正解」が見える86のコツ』、出版社の方より「好調な滑り出しです」とのご連絡をいただきました。お手に取ってくださった方がいらしたら、お礼を申し上げます。

その韓国のTOEICカリスマ英語講師のキム・デギュン氏が、日本での出版を喜ぶ動画メッセージをYou Tubeに、そして自身のブログにもアップされています。是非ご覧下さい。

You Tube
Blog

いまではこうして動画を気軽にアップし、字幕も出せますので、「あれっ!?いま何て言ったんだろう」というようなことも起こらず、分からない単語があったら字幕を頼りに辞書を引けば良いわけで便利になりましたね。

でも、聴き取りたくて何回も巻き戻ししたり、という遠回りとも言える過程で身に着く能力もやはりあるような気がしますが。

さておき、キム・デギュン氏が動画の中でこのように話されています。

일본 고단샤에서 출간된 김대균의 토익 비법서입니다.
(イルボン コダンシャエソ チュrガンデン キmデギュネ トイk ピッポpソイmニダ
/日本の講談社から出版されたキム・デギュンのTOEIC秘法本(←直訳)です)

動画やブログに頻繁に登場するのが、この「비법」という単語。今回、こちらの書籍を翻訳するうえで、いちばん最初に議論したのが、この書籍のキーワードである「비법」をどう訳すか、でした。

ちなみに비법は、発音は濃音化が起こり、[비뻡](ピッポp)となります。キム・デギュン先生もそのように発音されていますね。

訳としては直訳するならば、「秘法」なのですが、 これをそのまま日本語にすると、やはり日本にはあまり馴染まない気がする、と。そこで、

・秘策
・極意
・コツ

という案がでました。

この本の章立て(目次)すべてに「비법(秘法)」が使われており、 この本の求めているニュアンスには「コツ」では少し「濃さ」が足りない気がし、「極意」を選択しました。(「コツ」は、題名で採用されています)

極意、の選択にはとても満足しています。当書籍は600~730点を目標にする方が対象となっています。該当される方はこの書籍で是非「極意」をキャッチしてください!


第48回 「700号!TOEICの翻訳本。翻訳を手掛けました」

오늘은 700호입니다!
(オヌルン チルベk ホ イmニダ/今日は700号です!)

読者の皆さん、アンニョンハセヨ? 当メールマガジンは今号で700号となりました。
2004年初頭、メルマガブームに乗って発行を始めたこのメールマガジンをずっとお読みくださっている皆さん、どうもありがとうございます。
雨の日も風の日も(天候はあまり関係ありませんが)700回書いてきたと思うと、なんだか感慨深いです。

そして!700号に相応しい話題があるんです~。明日発売の『TOEIC L&R TEST 「正解」が見える86のコツ』(講談社パワー・イングリッシュ)こちらの翻訳を、当校が手がけました!TOPIK(韓国語能力試験)ではありませんよ。英語のTOEICです。

TOEIC強国である韓国のカリスマ英語講師、キム・テギュン氏の著書の日本語訳。TOEICで高得点を取るテクニックが、余すところなく紹介されています。

これを韓国語の先生方にお伝えしたところ、お二人揃って、

어~! 너무 유명해요!

(オ~!ノム ユミョンヘヨ/おお~、すごく有名ですよ!)

と。N先生に至っては、

저도 강의 들은 적이 있어요!
되게 유명한 강사라서 수업 들으려면 밤새워서 줄 서야 했었어요.

(チョド カンイ トゥルンチョギ イッソヨ。
トェゲ ユミョンハン カンサラソ スオp トゥルリョミョン 
パm セウォソ チュル ソヤ ヘッソッソヨ/
私も講義を聞いたことがあります!
あまりに有名な講師なので授業を聞くには
徹夜して並ばないといけないほどでした)

とのこと。それは凄い......!
以前、「TOEIC800点だなんて、恥ずかしくて言えない」と言っていた韓国の知り合いがいましたが、これを聞いて、「日本人で良かった」と思ったものです(笑)。

翻訳は、翻訳者さんが全面的に責任をもって行って下さったので、私はサポート役に徹していましたが、韓国で話題の書籍の翻訳に携われたことに喜びを感じています。

韓国人が求める試験対策テクニック。TOEICを受けられている方は、是非手に取ってみてください!


第47回 「野次馬」

当校は官公庁の集まる霞が関に近く、たまに周辺で行われるデモの音が建物の中まで聞こえてきます。

ちょうどデモの音が界隈に響き渡っているとき、通りに面した窓ガラス近くのキャビネットに物を取りに行きました。封筒を持って席に戻ろうとする私に、先生が、

「그거 보러 오신 줄 알았어요.」
(クゴ ポロ オシンジュル アラッソヨ/あれを見に来たのだと思いました)

とおっしゃいました。私がデモを見に来たのだと思ったのですね。そこで、「あ、違いますよ。野次馬(やじうま)かと思いました?」と言いながら、「野次馬」の韓国語は?と聞いてみたところ、

「구경꾼」(クギョンクン/見物人)

とのこと。なるほど、ナントカ馬、にはならないわけですね(笑)。

구경は「見物」。꾼は大きく分けて、

1.そのことを専門的・習慣的にする人を表す
例:술꾼(スrクン/酒飲み、のんべえ), 장사꾼(チャンサクン/商売人)

2.その場に集まる人の意
例:구경꾼(クギョンクン/見物人)

という2つの意味があります。Naver辞書には、上記のように「見物人」という日本語が出ていました。

「구경꾼」が「野次馬」の持つニュアンスを持っているかが気になります。例えば、オリンピックのメダリストパレードを見る人は、日本語では「野次馬」にならず、「見物人」ですよね。

そこで聞いてみたところ、「구경꾼」のニュアンスはまさに野次馬。何か騒ぎがあったときに「なんだなんだ?」と(騒ぎを逆に楽しむような好奇心を持って)見に来る人々のことを言うそうです。

例:시위대 근처에 구경꾼들이 모여 있었어요.
(シウィデ クンチョエ クギョンクンドゥリ モヨ イッソッソヨ
/デモ隊のそばに野次馬たちが集まっていました)

とはいえ、私たちはもう外のデモの音には「慣れっこ」になってしまい、余程のことがない限り窓際にはなかなか集まらず、外で大きな声がしてもBGMのように淡々と業務をこなしております......。
(レッスンがおこなわれる教室までは聞こえてきませんのでご安心を!)


第46回 「春の山菜」

スーパーで最もテンションの上がる場所、それは野菜売り場です。中でも春の山菜には目がなく、早速、菜の花をおひたしで食べたり、(ハウスもののようではありましたが)タラの芽の天ぷらをしたりしました。

山菜、の韓国語はお分かりですか?漢字の通り、「산채/サンチェ[山菜]」という表記もありますが、一般的には、

산나물(サンナムr)

といいます。山のナムル。ナムルというと、私たちは、韓国料理屋さんでパンチャンとして出てくる、ぜんまい、豆もやし、ほうれん草などがセットになった「ナムル」を想像するので、「漬物」というようなイメージがありますが、
もともと「나물(ナムr)」の意味は、

산이나 들에서 채취한 식물 또는 채소를 데쳐서 양념하여 만든 반찬의 총칭
山や野原で採取した植物、または野菜を茹でて味付けしたおかずの総称
(NEVER辞書より)

ということで、山菜そのもののことも言うのです。そして、「春の山菜」は、

봄나물(ポmナムr)

といいます。春になると山国の道の駅などで、わんさか売られる春の山菜。タラの芽、あぶらな、こごみ、こしあぶらなどなど。その魅力は、色や恰好、香り、苦み、噛みごこちなどでしょうか。厳しい山の冬を耐え忍んだ植物だからこそ、得られるものなのかもしれません。

そして、それを大量買いし、野外で豪快に天ぷらをします。これは本当においしい!山で春の山菜を天ぷらで食す。日本海側でさばいたばかりの刺身を食べ歩く。ああ、日本て素敵!と思う瞬間です。

여러분도 슈퍼에서 봄나물을 사서 맛있게 드십시오-!
(ヨロブンド シュポエソ ポmナムr サソ マシッケ トゥシpシオ-!
/皆さんもスーパーで春の山菜を買って、おいしく食べてください~。)



2 3 4 5 6 7 8 9 10 次 》


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A